「伊勢エビ」三重県の県の魚

044HYNREFRWYR
三重県の県の魚は
もちろん伊勢エビである

[県の魚] 伊勢えび
(平成2年11月2日指定)
 茨城県以南(いなん)の太平洋沿岸(えんがん)に多く分布し、三重県では主に志摩(しま)半島で生産されています。県内の生産量は、全国生産の1割を占(し)めていて、全国3位です。
引用元: 三重県のシンボル

イセエビ(伊勢海老、伊勢蝦、学名:Panulirus japonicus、英語: Japanese spiny lobster)は、エビ目(十脚目)イセエビ科に属するエビの1種。広義にはイセエビ科の数種を指す(後述)。熱帯域の浅い海に生息する大型のエビで、日本では高級食材として扱われる。
>イセエビという名の語源としては、伊勢がイセエビの主産地のひとつとされていたことに加え、磯に多くいることから「イソエビ」からイセエビになったという説がある。また、兜の前頭部に位置する前立(まえだて)にイセエビを模したものがあるように、イセエビが太く長い触角を振り立てる様や姿形が鎧をまとった勇猛果敢な武士を連想させ、「威勢がいい」を意味する縁起物として武家に好まれており、語呂合わせから定着していったとも考えられている。
>イセエビを正月飾りとして用いる風習は現在も残っており、地方によっては正月の鏡餅の上に載せるなど、祝い事の飾りつけのほか、神饌としても用いられている。
引用元: イセエビ – Wikipedia