ヨハン・ダビット・「ウィース」『スイスのロビンソン』ロビンソン・クルーソーの二次創作 世界名作劇場『不思議な島のフローネ』原作

019RSbWnyX
児童文学『スイスのロビンソン』
を書いた牧師の名前はヨハン・
ダビット・◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ウィース(答)
「ヨハン・ダビット・ウィース」

ヨハン・ダビット・ウィース(Johann David Wyss、1743年5月28日 – 1818年1月11日)は、スイスのベルンに生まれた改革派の牧師で児童文学作家。ダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソー』を手本とした『スイスのロビンソン』によって有名である。この作品は1794年から1798年まで彼自身の子どもたちのために執筆され、それ以外の読者は一切想定されていなかったが、1812年に彼の息子ヨハン・ルドルフ・ウィースがこれを書物として編集して出版することを決心するに至り、この作品は初めて陽の目を見ることになった。
引用元:ヨハン・ダビット・ウィース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9

『スイスのロビンソン』(ドイツ語:Der Schweizerische Robinson)は、スイスのヨハン・ダビット・ウィースによる児童文学作品。英語など諸外国語版では『スイスの家族ロビンソン』という題で知られているもので、ダニエル・デフォーの有名な『ロビンソン・クルーソー』を下敷きとした二次創作の物語である。
本作を原作とした映画『スイスファミリーロビンソン』がある。
引用元:スイスのロビンソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3

原作本の紹介 家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ
原本 Der Schweizerische Robinson
発行年 1813年
原作者 ヨハン・ダビッド・ウィース
スイス人(1743年~)
訳書名 スイスのロビンソン
出版社 岩波書店
翻訳者 宇多五郎

アニメとのストーリーの違い
 アニメと原作は、船が難破して家族が無人島に取り残され、家族が協力しながら無人島で生活するという基本的な点は同じですが、登場人物の設定が大きく事なっていたり、細かいストーリーが事なっていたりします。これらを中心に紹介していきます。
引用元:家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ 原作 http://www001.upp.so-net.ne.jp/meisaku/meisaku/flone/flone_g.html

スイスのロビンソン  全2冊
ウィース
宇多 五郎 訳
スイスの著作家ウィース(1782‐1830)のこの物語は,あの有名な「ロビンソン・クルーソー」から生まれた.同じ無人島への難破をストーリーとしながら,暗さがない.何もない環境から父母と4人の兄弟が心をあわせて小さい社会をのびのびと築いてゆく過程が,われわれに無限の温さを感じさせる.
引用元:スイスのロビンソン http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/3/327621+.html