『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』 ジョン・ル・カレのスパイ小説 スマイリー三部作

099ITjyqyh
次の文字列を順に選んで
ジョン・ル・カレの小説の
タイトルにしなさい
ティンカー
テイラー
ソルジャー
スパイ
『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』

スパイ小説の名作、大型映画化! 映画化名『裏切りのサーカス』
英国情報部〈サーカス〉の中枢に潜むソ連の二重スパイを探せ。引退生活から呼び戻された元情報部員スマイリーは、困難な任務を託された。二重スパイはかつての仇敵、ソ連情報部のカーラが操っているという。スマイリーは膨大な記録を調べ、関係者の証言を集めて核心に迫る。やがて明かされる裏切者の正体は? スマイリーとカーラの宿命の対決を描き、スパイ小説の頂点を極めた三部作の第一弾。著者の序文を付した新訳版
XQiBVoC
引用元:ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 | 種類,ハヤカワ文庫NV | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/31253.html

ジョン・ル・カレ(John le Carré、1931年10月19日 – ;本名:デイヴィッド・ジョン・ムア・ コーンウェル〈David J. M. Cornwell〉)は、イギリス・イングランド、ドーセットのプール出身の小説家。スパイ小説で知られており、映画化された作品も多い。息子に作家のニック・ハーカウェイ。
>彼の作品の多くは、さえない初老のスパイ「ジョージ・スマイリー」が登場し、その中でもスマイリーを主人公としたものは60年代では『死者にかかってきた電話』『高貴なる殺人』、70年代では『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』『スクールボーイ閣下』『スマイリーと仲間たち』の合計5作である。特に70年代に発表した長編3作は全てスマイリーを主人公としており、日本ではその3作を「スマイリー三部作」と呼ぶ。
引用元:ジョン・ル・カレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AC

謎めいたタイトル『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』は、もぐらの容疑者である四人のサーカス幹部に付けられたコードネームから来ています。劇中でのコードネームはそれぞれ、

『ティンカー』(Tinker)…鋳掛け屋

『テイラー』(Tailor)…仕立て屋

『ソルジャー』(Soldier)…兵隊

『プアマン』(Poorman)…貧乏人

を意味します。元はマザー・グースの歌から取られた単語です
引用元:ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ  ジョン・ル・カレ – 名大文芸サークルのブログ http://d.hatena.ne.jp/mei-bun/20121231/1356954753