『美少女図鑑』新潟県で初登場 株式会社テクスファーム

385ZviSKse
人気のフリーペーパー
『美少女図鑑』が最初に
登場したのは秋田である
✕(答)
◯新潟

『美少女図鑑』(びしょうじょずかん)は、株式会社テクスファーム、および、同社と契約した会社・団体が、各々の所在都市を中心に発行しているフリーペーパー。
>美少女図鑑の創刊[編集]
そのような中、2002年(平成14年)11月に新潟市にある広告企画会社のテクスファームが『新潟美少女図鑑』を創刊した[6]。同誌は、地元の服飾店や美容室などを広告主とし、地元の読者モデルやカメラマン・美容師などのスタッフを用いるところは先行する地域限定ファッション誌と同様だが、フリーペーパーで発行したことと、リアル・クローズを着用しながらもモードの写真集のような紙面構成としたことが特色であった。また、新潟県のみを対象とするフリーペーパーとしては発行部数が少なく[7]、かつ、年数回の発行であったため、市中に出回る期間が短いことが逆に「幻のフリーペーパー」とのキャッチコピーを与えた。
2004年(平成16年)12月には、テクスファームが沖縄県那覇市に沖縄テクスファームを設立し、2005年(平成17年)8月に「沖縄美少女図鑑」を創刊、初めて新潟県外で美少女図鑑が発刊された[6]。2006年(平成18年)10月13日には「美少女図鑑」を商標出願し、2007年(平成19年)5月25日登録[8]。同5月、沖縄美少女図鑑にモデルとして出ていた二階堂ふみがソニー・ミュージックアーティスツと契約し、『ニコラ』専属モデルとなって中央の媒体に出るようになったため、美少女図鑑の認知度が上がる契機となった。
引用元:美少女図鑑 (フリーペーパー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%E5%9B%B3%E9%91%91_(%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC)

幻のフリーペーパー「美少女図鑑」がどのようにして生みだされたのか。その生みの親、丸坊主社長のアタマの中身。高い人気とクオリティを誇る「美少女図鑑」の誕生秘話とビジネスモデルを観察できる本。「地方の街で生活する人たちに、もう一度、自分たちの住む街の魅力に気づいてほしい。その街で生まれるものに自信を持ってほしい。自慢できるようになってほしい。僕らが全国各地それぞれの地方都市で「美少女図鑑」を発行する真の目的は、かわいい女の子たちのヘアスタイルやファッションを通して、地方の街に元気を出してもらいたい、もっと街を楽しくしたい、という部分にこそあるのです。
引用元:テクスの本 株式会社テクスファーム|TEXFARM http://texfarm.com/book/index.html