ビール大瓶「633」ml 中瓶「500」小瓶「334」 「ホップ」アサ科

018gZlBvXP
日本のビール瓶の大瓶の容量は
◯◯◯ml?
434
605
723
633(答)
大瓶633ml
中瓶500ml
小瓶334ml

CIMG2158CkIkTQmrsmmz
ビールに苦味や香りを加える
「ホップ」は何科の植物?
アサ科(答)
イネ科
マメ科
ニレ科

タイピング
オーストラリアの選手の名がついた、テニスの男女混合による国別対抗戦は◯◯◯マンカップ?
ホップ(答)
「ホップマンカップ」

当時のビールメーカーで使用しているビール大瓶の容量を調べたところ、一番大きなものが3.57合(643.9922ml)、一番小さなものが3.51合(633.168ml)でした。そこで、1944年(昭和19年)に一番少ないものに合わせれば、それよりも容量の多い瓶も使うことができるということで3.51合に定められました。また、小瓶も同じような理由で334mlに決められています。
引用元:ビールの大瓶の容量は、なぜ633mlなのですか?  お客様センター サントリー http://www.suntory.co.jp/customer/faq/001703.html

「たしかに、ライフスタイルの変化によって、家庭用のビール需要を長年支えていた家庭への宅配市場=ビール大瓶という図式が消えました。お茶の間でお父さんが瓶ビール(大瓶)を飲んでいるシーンもほとんど見られなくなったのではないでしょうか」とのこと。キリンラガーや一番搾りといったビールの出荷割合も、2012年には瓶:20%、缶:46%、大樽:34%と、瓶の割合が一番低くなっているとか。さらに瓶ビールの中でも「2005年当時の出荷量では大瓶が中瓶の約1.5倍の出荷量でしたが、2012年には中瓶が逆転しています」ということだった。

では、大瓶のビールはどこへ行けば飲めるのだろうか。これまたキリンビールの広報さんによると「現在でもビール大瓶は、一部のレトロな雰囲気の大衆酒場や、お客様への量のサービス等の理由で採用されている店舗などで、根強く支持されています。昔の風景が思い出されるというような理由で、レトロ調のお店での採用が多いのかもしれません」とのこと。
引用元:最近見かけないビールの大瓶、どこへ行った? なぜなくなったの? | ニコニコニュース http://news.nicovideo.jp/watch/nw888974

ホップ(勿布、学名:Humulus lupulus)はアサ科のつる性多年草。雌雄異株。和名はセイヨウカラハナソウ(西洋唐花草)。
毬花はビールの原料の一つで、苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある。
全国の山地に自生する非常によく似た植物にカラハナソウ(H. lupulus var. cordifolius)があり、しばしばホップと混同される。これはホップの変種であり、ホップに比べて苦み成分が少ないのが特徴である。本来のホップは、日本国内では北海道の一部にのみ自生する。
引用元:ホップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97