ネイサンズ 「ホットドッグ早食い大会」で有名な米チェーン店

077lWWjOaiXbG
毎年7月4日の独立記念日に
ホットドッグの早食い大会を
行うことで有名なアメリカの
ホットドッグチェーンは?
ウイトサズ
ブクネェン
→ネイサンズ
Nathan’s Famous

ネイサンズ ウィキペディア
>ネイサンズ(Nathan’s Famous)は、アメリカ合衆国を中心に、ホットドッグを専門とするファーストフード・チェーンを展開する企業である。
>イベントとして「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」を毎年開催している。日本人では小林尊が2001年大会から6連覇したことで知られている。日本人では他に中嶋広文や新井和響も優勝経験者である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BA

小林尊 ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E5%B0%8A
>小林 尊(こばやし たける、1978年3月15日 – )は、日本のフードファイター、実業家である。ギネス記録保持者(ホットドッグ、ピザ、パスタ、トゥインキー、ミートボール、ハンバーガー)。アメリカ合衆国ニューヨーク市在住。
>さらに、アメリカ独立記念日である7月4日に毎年ニューヨーク市で開催される、『ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権』への出場によって広く知られるようになった。同大会では2001年からの6連覇を果たし、”The Tsunami (ザ・ツナミ)” のニックネームで呼ばれるようになる。
>NYタイムズのエコノミストであり、ヤバい経済学の著者としても著名なジャーナリストのスティーブン・ダブナーが、ウサイン・ボルトを引き合いにだし、小林を高く評価している。その際、「Usain Bolt Is No Takeru Kobayashi(ボルトは小林ではない)」と言い、NotでなくNoを用いることで、小林を人間以上の存在として表現した[61]。また、スティーブンは別の記事で、小林の成功から学ぶ問題解決の方法と題し、以下の3つをオファーしている[62]。
1. 問題の再定義 小林のライバルたちは、普段からよく食べる大男で、彼らは自分たちが常にしている方法で大会に参加したが、小林は問題を違う角度から、スポーツのように捉え、競争のために、これまでとは異なる方法で実験をした。
2. 人工的な限界を受け入れるな 世界記録25本を小林は二倍にした。彼がもし、25が限界だと信じていたならば、これを上回らることはなかっただろう。我々は人工的な限界にあまりにも従順だ。誰かが不可能だと言った時、それに挑戦せよ。
3. 違う考え方をし、実験せよ 小林の成功と革新における多くの話の核心は、あなたが頻繁に多くの事を試さなければならないと言う事である。「いつでも機会があるならば、あなたはパンを温かいお湯につけるべきだ」