「一粒万倍日」 一粒が万倍になって実る吉日

575DTILEXG
正月における丑と午の日など
仕事始めに吉とされる
日のことを、稲のたとえから
特になんという?
穂割日十千
粒万稲一倍
一粒万倍日(答)

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、選日の1つである。単に万倍とも言う。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。
一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。
一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていないものもあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。
引用元:一粒万倍日 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E7%B2%92%E4%B8%87%E5%80%8D%E6%97%A5

デジタル大辞泉の解説
てんしゃ‐にち【天赦日】

暦注の一。四季に各1回ずつある、天がすべての罪を許すという最上の吉日。春は戊寅(つちのえとら)、夏は甲午(きのえうま)、秋は戊申(つちのえさる)、冬は甲子(きのえね)の日。
引用元:天赦日(テンシャニチ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E8%B5%A6%E6%97%A5-578161