ミス・マープルの登場作品『スリーピング・マーダー』『牧師館の殺人』『カリブ海の秘密』

387BQnHoeA
次のうち、探偵ミス・マープルが
登場するアガサ・クリスティの
小説を1つ選びなさい
スリーピング・マーダー(答)
七つの時計 バトル警視
チムニーズ館の秘密 バトル警視
ゼロ時間へ バトル警視
牧師館の殺人(答)
検察側の証人 ロバーツ弁護士
ひらいたトランプ エルキュール・ポワロ バトル警視
カリブ海の秘密(答)

ミス・マープル(ジェーン・マープル、Miss Jane Marple)は、アガサ・クリスティ作の推理小説に登場する架空の老嬢。エルキュール・ポアロに次ぐクリスティ作品の代表的な主人公(名探偵)である。『牧師館の殺人』からクリスティ最後の作品になる『スリーピング・マーダー』まで12の長編と20の短編に登場し人気を集めた。
>厳密な初登場作品は1927年に雑誌に掲載された短編「火曜クラブ」である。しかし、短編集『火曜クラブ』が刊行されたのは1932年になり、その2年前の1930年に長編『牧師館の殺人』が刊行されている。そのため初登場作品は『牧師館の殺人』とされる場合が多い。これはポアロものの『アクロイド殺し』『ビッグ4』が発表順ではなく単行本化の順になっているのと同じである。
最後の登場作品となる『スリーピング・マーダー』はマープルシリーズの完結を目的として1943年に執筆され、『カーテン』と共に死後出版の契約が結ばれた。結局生前に刊行された『カーテン』とは異なり、予定通り死後1976年10月に刊行されている。
>長編[編集]
1930年:牧師館の殺人 – The Murder at the Vicarage
1942年:書斎の死体 – The Body in the Library
1943年:動く指 – The Moving Finger
1950年:予告殺人 – A Murder is Announced
1952年:魔術の殺人 – They Do It with Mirrors
1953年:ポケットにライ麦を – A Pocket Full of Rye
1957年:パディントン発4時50分 – 4.50 from Paddington
1962年:鏡は横にひび割れて – The Mirror Crack’d from Side to Side
1964年:カリブ海の秘密 – A Caribbean Mystery
1965年:バートラム・ホテルにて – At Bertram’s Hotel
1971年:復讐の女神 – Nemesis
1976年:スリーピング・マーダー – Sleeping Murder
ミス・マープル – Wikipedia

若妻グエンダはヴィクトリア朝風の家で新生活を始めた。だが、奇妙なことに初めて見るはずの家の中に既視感を抱く。ある日、彼女は観劇中、芝居の終幕近くの台詞を聞いて突如失神した。彼女は家の中で殺人が行なわれた記憶をふいに思い出したというが……ミス・マープルが回想の中の殺人に挑む(解説 恩田陸)
TVcVDbE
引用元:スリーピング・マーダー | 種類,クリスティー文庫 | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/320046.html

嫌われ者の老退役大佐が殺された。しかも現場が村の牧師館の書斎だったから、ふだんは静かなセント・メアリ・ミード村は大騒ぎ。やがて若い画家が自首し、誰もが事件は解決と思った……だが、鋭い観察力と深い洞察力を持った老婦人、ミス・マープルだけは別だった! ミス・マープルの長篇初登場作を最新訳で贈る。(解説:吉野仁/期間限定カバー:安西水丸) 321035
YxtmpFq
引用元:牧師館の殺人 | 種類,クリスティー文庫 | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/321035.html

転地療養のため美しく平穏な西インド諸島を訪れたマープル。一週間は何事もなく穏やかにすぎていった。だが、まもなく彼女を相手に懐古談をしていた少佐が死体となって発見される。以前から少佐は何かを憂いていたようなのだが……。義憤にかられた老嬢ミス・マープルが、事件の謎に挑む。(解説 穂井田直美) 320043
bngPXpY
引用元:カリブ海の秘密 | 種類,クリスティー文庫 | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/320043.html