人気ブランドと本拠地国 フランス「エルメス」「イヴサンローラン」「ジバンシー」「シャネル」 イタリア「ジャンニヴェルサーチ」「エミリオプッチ」 イギリス「マリー・クワント」アメリカ「クレア・マッカーデル」ドイツ「トルステン・アムフト」

053DROtsIf
次のうち、フランスの
ファッションブランドを
全て選びなさい
シャネル(答)
エルメス(答)
ブルガリ イタリア
プラダ イタリア
トラサルディ イタリア

369mymTibd
次の人気ブランドを
本拠地がある国ごとに
グループ分けしなさい

フランスイタリア
エルメス
ジャンニヴェルサーチ
イヴサンローラン
ジバンシー
エミリオプッチ

CIMG6558BrTIynFsCQRc
次のファッションデザイナーを
出身国ごとに
グループ分けしなさい

イギリスアメリカドイツ
トルステン・アムフト
マリー・クワント
クレア・マッカーデル
ダーク・ビッケンバーグ

シャネル (Chanel)は、ココ・シャネルが興したファッションブランド、および同ブランドを展開する企業である。レディース商品を中心に展開しており、服飾・化粧品・香水・宝飾品・時計と展開分野は幅広い。
ウーマン・リブ的な「古い価値観にとらわれない女性像」がブランドポリシー。喪服用途であった黒い服を「リトル・ブラック・ドレス」として広汎的に広め、また自立した働く女性のためのジャージ素材、ツイード素材のスーツを打ち出すなどファッションの歴史を次々と刷新していった。
2014年現在のデザインディレクターはカール・ラガーフェルド。
>1910年、ココ・シャネルがパリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という帽子専門店を開店したのが始まり。1913年、リゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティックを開店。続いて1915年、ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンして、シャネルはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューする。
引用元:シャネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB

エルメス (Hermès) は、フランスのエルメス・アンテルナショナル社 (Hermès International, S.A.) が展開するファッションブランド、商標である。エルメス社は馬具工房として創業したが、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移して成功した。
現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーがロゴに描かれている。デュックは四輪馬車で、タイガーは従者のこと。主人が描かれていないのは「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているためである。
引用元:エルメス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%B9

ジャンニ・ヴェルサーチS.p.A.は、1978年にジャンニ・ヴェルサーチにより設立したイタリアのファッションブランド。
>ジャンニ・ヴェルサーチが1978年にミラノに第1号店をオープンしたことに始まる。1997年にジャンニが殺害された後は、ジャンニの妹のドナテラ・ヴェルサーチが引き継いで先任デザイナーに就任した。
アパレル商品、バッグ、靴など小物類のほか、メーカーとのライセンスで香水も展開している。
引用元:ヴェルサーチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81

イヴ・サン=ローラン(ロラン)(フランス語: Yves Saint-Laurent 発音例、1936年8月1日 – 2008年6月1日)はフランス領アルジェリア出身のファッションデザイナー。または、彼の名を冠したファッションブランド。フランスが誇る世界的ブランドとなっている。
ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、ポール・ポワレらとともに20世紀のファッション業界をリードした。2002年の引退まで、トップデザイナーとして40年にわたり活躍し、「モードの帝王」と呼ばれた[1][2]。
引用元:イヴ・サン=ローラン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3

ジバンシィ (GIVENCHY) は、ユベール・ド・ジバンシィ(Hubert de Givenchy、1927年2月21日 – )が1952年に設立したフランスのファッションブランドである。ディオールやフェンディなどと同じLVMH系列に属する。
服飾、装飾品、香水および化粧品などのファッション用品を展開している。アルファベットのGを四角くアレンジして4個重ねたロゴが特徴。LVMHグループではディオールに次いで2番目に大きい部門となっている。
引用元:ジバンシィ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%A3

エミリオ・プッチ(Emilio Pucci, 1914年11月20日 – 1992年11月29日)は「プリントの王子 (Prince of Prints) 」の異名を持つイタリアナポリ出身の男性ファッションデザイナー、政治家。また、彼が創始したファッションブランド。
>エミリオの死後、ブランドのデザインは娘のラウドミア・プッチ (Laudomia Pucci)が手がける。1997年ミラノの会社に経営権を譲渡し、2000年、LVモエ・ヘネシーグループの傘下に入る。2001年秋冬からジュリオ・エスパーダがアーティスティック・ディレクターを務めた。その後2003年春夏より、クリスチャン・ラクロワがアーティスティック・ディレクターとなった。現在娘のラウドミア・プッチがイメージ・ディレクターを務め、2006年秋冬からはイギリス人のマシュー・ウィリアムソンが、そして2009年秋冬からはピーター・デュンダスがクリエイティブ・ディレクターを務めていたが、2015年4月にマッシモ・ジョルジェッティが就任した。[1] 2004年秋冬からスキーウェアコレクションを、ロシニョールとの提携により再開している。
引用元:エミリオ・プッチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%81

トルステン・アムフト(Torsten Amft, 1971年 1月14日 – )はドイツ・ライプツィヒ出身のファッションデザイナー。
17歳で、彼はモデルでベルリン勤務ヘルムートニュートン 、ハーブリッツ、ジャンニ・ヴェルサーチ 。 次にチューリッヒ 、ファッションデザインを学ぶスイス 。 今日Amft でスタジオを運営ニューヨーク 、東京とベルリン 。彼ウォン 2000年トロフィーファッションLEXTON ニューヨーク市 。 世界の巨大なモデルのデザイナーになった[1]。
引用元:トルステン・アムフト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%95%E3%83%88

マリー・クヮント (Mary Quant, CBE, 1934年2月11日 – )は、イギリスのファッション・デザイナーで、ファッションブランドの名前でもある。マリー・クアントとも表記される。スウィンギング・ロンドンと呼ばれた1960年代にブレイクした。
>1958年頃から、スカート丈を短くして『ミニスカート』(Miniskirts)として売り出したところ、大ヒットする。ミニとは、クヮント自身が大好きな英国車『Mini』から採用した。同時期にフランスでアンドレ・クレージュも、クヮントと関係はないがミニスカートを世に出している。カラフルなデザインのタイツを考案したのは彼女が最初で、これはクリストバル・バレンシアガにインスピレーションを受けたという。1960年代に入ってから、とびきり丈の短いホットパンツを考案。化粧品も売り出した。1957年にナイツブリッジに2号店を開店。 1962年にはアメリカ市場に進出した。1966年には化粧品のデザインも始め、MARY QUANT COSMETICSを発表、同年、大英帝国勲章(英国王室第4等勲章:OBE)を受賞した。1969年にはRoyal Designer for industry(RDI)に選ばれ、英国ファッションの多大な貢献が認められ殿堂入りした。
引用元:マリー・クワント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%88

クレア・マッカーデル(Claire McCardell、1905年-1958年)は、アメリカ合衆国のファッションデザイナー。
>第二次世界大戦によってフランスのファッション業界が打撃を受けたことを受け、アメリカの百貨店では既製服を主役とした自国のデザイナーや製品を売り出すようになり、『アメリカンルック』という言葉が生まれる。その一連のキャンペーンの中心的存在がマッカーデルであった。彼女の名声は高まり、1952年には、タウンリーフロックの共同経営者にもなった。しかし、6年後の1958年、癌で死去。長年の功績が認められ、コティ・アメリカン・ファッションの殿堂入りを果たした。
引用元:クレア・マッカーデル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB

ダーク・ビッケンバーグ(Dirk Bikkembergs、1962年1月2日 - )はドイツ出身のファッションデザイナー。父はベルギー人、母はドイツ人。ベルギーでは「ビッケンベルフス」と呼ばれている。
>アントウェルペン王立芸術学院を卒業したアントウェルペンの6人の一人。卒業後、数年の間ジャン=ポール・ゴルチエの下で働いた。
メンズの靴のコレクションからはじめ、1985年にはシューズライン”DB”を設立。1989年にはパリ・コレクションにメンズで参加、1993年からはレディースも手がけている。
メンズをルーツとするデザイナーらしく、しっかりした素材とシンプルなデザインが特徴で、ミリタリー・テイストをよく取り入れたり、レザーも多用する。
引用元:ダーク・ビッケンバーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0