「知多」サントリーウイスキーの新ブランド 知多蒸溜所のグレーンウイスキー 「ホップ」アサ科の植物「カラハナソウ」ビールの苦味

633EhSSJhb
サントリーが全国発売する
ウイスキーの新ブランドとして
は11年ぶりとなる、2015年9月
発売開始のブランド名は?
三河
知多(答)
伊良湖
渥美

CIMG3748
サントリーフラワーズが開発した
ピンク色の葉が特徴的な植物です
プリンセチア(答)

タイピング
花言葉は「夢かなう」であるサントリーが開発した青いバラは○○○○○? ○を答えなさい
アプローズ(答)

CIMG2158CkIkTQmrsmmz
ビールに苦味や香りを加える
「ホップ」は何科の植物?
アサ科(答)
イネ科
マメ科
ニレ科

サントリースピリッツ(株)は、サントリーウイスキー「知多」を9月1日(火)から全国で新発売します。

 昨今のウイスキー市場の拡大、特に食中酒としてのハイボールが浸透している中、今回新たに軽やかな味わいのウイスキーを投入することで、さらなる需要を創造していきます。
 サントリーウイスキー「知多」は、愛知県にある知多蒸溜所で生まれたグレーンウイスキーのみをブレンドしてつくられます。同蒸溜所では長年さまざまなタイプのグレーンウイスキー原酒のつくりわけを行っており、今回の新商品はその技術によって生まれたウイスキーです。
 軽やかな味わいとほのかに甘い香りは、和食をはじめさまざまな食事との相性が良く、特にソーダで割ったハイボールがおすすめです。
引用元:サントリーウイスキー「知多」新発売 2015.7.16 ニュースリリース サントリー http://www.suntory.co.jp/news/2015/12417.html

サントリーウイスキー知多|サントリー

>モルトウイスキーは大麦の麦芽を発酵させ、ポットスチルという銅釜の単式蒸溜器で2回蒸溜してつくります。風味の個性が強いため、ラウド(声高な)スピリッツと呼ばれます。オークの樽で熟成することにより、深みが増し、樽由来のさまざまな特徴が加わって複雑で豊かな原酒となります。
>グレーンウイスキーは、トウモロコシ、小麦などの穀類と麦芽を原料として発酵させ、連続式の蒸溜機で蒸溜します。風味が軽い穏やかな性格のため、サイレント(静かな)スピリッツと呼ばれます。グレーンウイスキーもやはり樽で熟成されます。

プリンセチア 秋冬商品ラインアップ ガーデニング・園芸 サントリーフラワーズ

その名、アプローズには
「喝采」という意味があります。
ずっと追い続けた夢を、
やっとかなえた喜び。
新しい夢を見つけ、
むかっていく勇気。
その気持ちへの喝采を
多くの人にお届けしたいとの
想いを込めて名付けました。

花言葉は「夢 かなう」。
夢をかなえた青いバラを手にしたとき、
夢をあきらめない素晴らしさを、
きっと感じていただけることでしょう。
引用元:アプローズについて | SUNTORY blue rose APPLAUSE™ http://www.suntorybluerose.com/story/about.html

ホップとはなんですか?
アサ科の植物で日本では「カラハナソウ」(学名:フルムス・ルプルス)と呼ばれる蔓(ツル)性の植物です。
ビールの原料として使われるのは、ホップの受粉前の雌株が持つ毬花(きゅうか)です。その中に眠る黄金色の粉「ルプリン」が、独特の香りや爽やかな苦味、泡立ちをビールにもたらします。
ホップとはなんですか?  お客様センター サントリー