ジョナサン・「アイブ」 アップル社の主要製品を担当したデザイナー

162eiRECIL
iMac、iPodなどの
デザインを手がけた
アップル社のデザイナーは
ジョナサン・◯◯◯?
ブスアデ
カイケン
アイブ(答)
Sir Jonathan Paul Ive

ジョナサン・ポール・アイブ(英語: Sir Jonathan Paul Ive, KBE[1]、1967年2月27日 – )は、イギリス人デザイナー。 アップルのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長。 iMac、MacBook、iPod、iPhone、iPadなど現在の主要アップル製品のデザイン担当者として国際的に知られている。
>スティーブ・ジョブズがアップルへと復帰した1997年に、現在の役職に就任。以来、アップルのIDGを率い、同社の主要製品のデザインを統括してきた。現在のアップルで活躍している主要メンバーの中では、エディー・キューとともに数少ないジョブズ以前からのアップル在籍者である(他の主要役職者はNeXT出身者を含めジョブズが採用に関与した人物が大半を占める)。
ジョナサン・アイブ – Wikipedia

キャンパスのカフェテリア南側には、ちょっとした野外ステージがある。ここはアップルの歴史を知る者にとっては思い入れの深い場所だ。2011年のスティーブ・ジョブズ追悼式では、ジョニー・アイヴもステージに立った。アイヴは公の場でしゃべることはおろか、インタヴューをあまり受けないことで有名だ。けれどもこの日は、彼が大親友と呼ぶ男のために壇上に上がった。
「たぶん彼は誰よりもよく理解していたんだと思います」と、アイヴは集まった哀悼者たちに向け語った。「アイデアが最終的には強力なものになりうるとしても、その始まりは脆く、ほとんど形すら成していない思いつきであることを」
ジョブズが理解していたことがもうひとつある。1997年、12年前に追い出された会社に戻ってきた彼は、当時まだ20代のアイヴが最先端のデヴァイスを生み出すだけでなく、チームをまとめ上げることのできるバックグラウンドと心理的素養を兼ね備えたデザイナーであることを看破していた。
ジョナサン・アイヴが答えた「アップルのデザイン」:そのルーツからApple Watchに至るまで #WXD « WIRED.jp