年賀はがきとLINEが提携 住所を知らない人へ紙の年賀状を送るサービス

171zEwrTGX
2015年用から年賀はがきが
提携サービスを始めたのは
Facebookである
×(答)
◯LINE

日本郵便はLINEと連携し、「LINE」上の友達や知人に対して、住所が分からなくても紙の年賀状を届けることができるサービスを提供する。

 年賀はがきの特設Webサイト「郵便年賀.jp」では、年賀はがきをデザインして購入できる「はがきデザインキット」のスマートフォン版にて、デザインを作成した後に「LINEで送る」を選択でき、LINEアプリ上で宛先を指定可能。受取人が、LINEのトーク画面に表示されるURLにアクセスし住所を入力すれば、紙の年賀はがきを年始に送付できる。受取人は国内・国外を問わない。
2015年の年賀はがきはLINEに対応、AR機能も -INTERNET Watch

これまで、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを活用して、「住所が分からないけど紙の年賀状を贈りたい」というニーズにお応えするサービスを、他企業との連携により展開してきましたが、今回新たに「LINE」と連携し、LINE上の友人・知人に対して、スマートフォン版「はがきデザインキット」で作成した年賀状デザインを、国内・国外にかかわらず、紙の年賀状でお届けするサービスを展開します。

また、LINEに今後開設予定の日本郵便公式アカウント上に画像データを送信することで、LINEキャラクターをデザインした年賀葉書の作成サービスも展開します。このサービスは、LINE株式会社が提供する「LINE ビジネスコネクト」を活用しています。
2015(平成27)年用年賀葉書の発行及び販売 – 日本郵便