「フジバンビ」黒糖ドーナツ棒 川澄奈穂美選手の発言からブレイク

105BrWHkcg
2011年に話題になった黒糖
ドーナツ棒を販売している会社
フジバンビ(答)

株式会社フジバンビは、熊本県の菓子メーカー。お菓子の香梅、熊本菓房と並ぶ地元で有名な菓子メーカー。
>黒糖ドーナツ棒(CO・OPのプライベートブランドにも提供。創業地の地元、INAC神戸レオネッサの選手出演のCMがサンテレビで放映中)
ひとくち蜂蜜ドーナツ棒
阿蘇ジャージー牛乳ドーナツ棒
紅芋ドーナツ棒
フジバンビ – Wikipedia

女子サッカーなでしこリーグ、INAC神戸の胸スポンサーとして知られる「黒糖ドーナツ棒」。以前から知る人ぞ知る人気商品だったが、2011年7月に女子ワールドカップで、なでしこジャパンが優勝するとなでしこリーグに注目が集まり、とんでもない量の注文が殺到したという。黒糖ドーナツ棒誕生秘話、そしてなぜINAC神戸のスポンサーになっていたのかを、製造メーカーであるフジバンビの吉田高成社長に聞いた。
> 実はなでしこの活躍で知られる前から着実に売り上げを伸ばしており、新工場を立ち上げてからの10年間、前年比130%の勢いで売れ続け、売り上げは約10倍に。2011年は、東日本大震災の影響で前期は売り上げが98%まで落ちたが、7月になでしこジャパンが女子W杯で優勝し、川澄奈穂美が試合後のマイクパフォーマンスで「黒糖ドーナツ棒ってご存じですか?」と話したことで注文が殺到。「おかげさまで商品名が全国に届きました。7~12月期は前年比160%でした。実はオーダーで言えば190%。3割お断りし、相当怒られました。この年は前年比126%です」。販路の拡大よりも、確実に顧客に商品を届けることをポリシーとしていた吉田社長にとって、注文を断ったのは痛恨の出来事だった。
「黒糖ドーナツ棒」誕生秘話となでしこ効果