「マヨネーズ」材料を加える順 「卵黄」「お酢」「サラダ油」

085uwbFYKA
次の食材を、マヨネーズを
作るときに加える順に選びなさい
卵黄
お酢
サラダ油

マヨネーズ(仏: Mayonnaise)は、食用油・酢・卵を主材料とした半固体状ドレッシング。卵は卵黄のみ使用するものと全卵を使用するものがある。
当初はフランス料理の肉用のソースの一種であったが、サラダなどの料理における調味料として利用されている。
「マヨ」と略されて呼ばれることもあり、フランス語でもmayo「マヨ」と略される。
>日本農林規格(JAS)における「ドレッシングの日本農林規格」、および「ドレッシング及びドレッシングタイプ調味料品質表示基準」では、マヨネーズを「半固体状ドレッシングのうち、卵黄又は全卵を使用し、かつ、必須原材料、卵黄、卵白、たん白加水分解物、食塩、砂糖類、はちみつ、香辛料、調味料(アミノ酸等)及び香辛料抽出物以外の原材料を使用していないものであつて、原材料に占める食用植物油脂の重量の割合が65%以上のものをいう」と定義している[3][4]。また、このため海外産のマヨネーズの多くは日本の基準ではマヨネーズに該当せず、マヨネーズという商品名にも拘らず「半固体状ドレッシング」という分類で販売されている。
>マヨネーズには様々な製法があるが、基本的なマヨネーズ350mlの製法は以下の通り。すべての材料を常温に戻してから作業する。
卵黄1個に対し、酢を大さじ1程度(ワインビネガー)、水小さじ1、塩、胡椒を少々。
好みによりマスタード大さじ1。
それをボウルにいれ十分にまぜあわす。
卵黄1個に対し300cc程度までの食用油を少しずつ加えながら、好みのマヨネーズの食感にまで攪拌する。途中で分離しそうになったら酢やワインビネガーを足すこと。
料理に合う塩と胡椒を加え完成させる。
保存は1か月程度まで冷蔵庫で可能[8]。実際は、夏場でも開封後に常温で1か月くらいは平気(酢の殺菌力による)。
マヨネーズ – Wikipedia

「マヨネーズを凍らせて自然解凍すると不思議な現象が起こる」とネット上で話題になっていたので、本当かどうか調べてみました。
マヨネーズを凍らせて自然解凍すると不思議な現象が起こるってほんと? – ねとらぼ