「バックスライド」 一見前進に見えるが後進するダンス技法「ムーンウォーク」

063YugMKWm
日本では「ムーンウォーク」と
呼ばれるダンスの動きです
バックスライド(答)

ムーンウォーク(moonwalk)は、足を交互に滑らし、前に歩いているように見せながら後ろに滑るストリートダンスの技法である。
>初めてバックスライドをテレビで披露したのは、シャラマーのシンガー兼ダンサーである、ジェフリー・ダニエルである[1]。
バックスライドをムーンウォークと名づけたのは、マイケル・ジャクソンであり[1]、ライブなどで使用し全世界で話題となったことで、バックスライド=ムーンウォークという呼称が広まった。マイケルはジェフリーに当時の金額で1000ドル(2015年1月時点の日本円レートでおよそ12万円)を払いバックスライドを教わり、5分でマスターしたというエピソードがある[2]。ジェフリー・ダニエルのダンスは、マイケルに大いなる影響を与え、後に多くの楽曲のPVやツアーにおいて競演している。マイケルが初めてムーンウォークを披露したのは、1983年5月のモータウン25周年コンサート(Motown 25: Yesterday, Today, Forever)での、ビリー・ジーンの間奏においてである。後にバックスライドだけではなく、横に進むバージョン、その場で回転するバージョンへと進化していった。
ムーンウォーク – Wikipedia