「パトリシア・ハイスミス」アメリカの作家 『太陽がいっぱい』『アメリカの友人』『殺意の迷宮』

038CGpPiZG
『アメリカの友人』
『殺意の迷宮』
『見知らぬ乗客』
『太陽がいっぱい』
ジョン・ル・カレ
ジェイムズ・エルロイ
パトリシア・ハイスミス(答)
トマス・ハリス

oapKeHF
息子を呼びもどしてほしいという、富豪グリーンリーフの頼みを引き受け、トム・リプリーはイタリアへと旅立った。
息子のディッキーに羨望と友情という二つの交錯する感情を抱きながら、トムはまばゆい地中海の陽の光の中で完全犯罪を計画するが…。
精致で冷徹な心理描写により、映画『太陽がいっぱい』の感動が蘇るハイスミスの出世作。
BookWebPro 和書検索

パトリシア・ハイスミス(Patricia Highsmith, 1921年1月19日 – 1995年2月4日)はアメリカ合衆国出身の作家。
>長篇第1作『見知らぬ乗客』の発表前、百貨店のアルバイト中に見かけた女性にヒントを得て長篇を執筆。人妻と女性店員の恋愛を描いたこの物語は、クレア・モーガン名義で The Price of Salt として出版され、同性愛者の人気を呼び、百万部をこえるベストセラーとなった。『見知らぬ乗客』がヒッチコックにより映画化され、長篇第3作『太陽がいっぱい』もヒット映画となり、ハイスミスは人気作家となる。『太陽がいっぱい』に登場したトム・リプリーの物語は、のちにシリーズ化された。
パトリシア・ハイスミス – Wikipedia

ジョン・ル・カレ(John le Carré、1931年10月19日 – ;本名:デイヴィッド・ジョン・ムア・ コーンウェル〈David J. M. Cornwell〉)は、イギリス・イングランド、ドーセットのプール出身の小説家。スパイ小説で知られており、映画化された作品も多い。息子に作家のニック・ハーカウェイ。
>彼の作品の多くは、さえない初老のスパイ「ジョージ・スマイリー」が登場し、その中でもスマイリーを主人公としたものは60年代では『死者にかかってきた電話』『高貴なる殺人』、70年代では『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』『スクールボーイ閣下』『スマイリーと仲間たち』の合計5作である。特に70年代に発表した長編3作は全てスマイリーを主人公としており、日本ではその3作を「スマイリー三部作」と呼ぶ。
ジョン・ル・カレ – Wikipedia

ジェイムズ・エルロイ(James Ellroy, 1948年3月4日 – )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の小説家。本名リー・アール・エルロイ(Lee Earle Ellroy)。特に犯罪小説で知られている。アメリカの暗部を抉る時代描写、必要最小限まで説明を省く電文体のスタイルに特徴がある。その作風から「アメリカ文学界の狂犬」とも呼ばれている。
>1987年、「ブラック・ダリア事件」を題材にした『ブラック・ダリア』で注目を浴びる。同作はブライアン・デ・パルマ監督が2006年に映画化(ブラック・ダリア (映画)参照)。『ブラック・ダリア』を皮切りとした「暗黒のL.A.」4部作(『ブラック・ダリア』、『ビッグ・ノーウェア』、『L.A.コンフィデンシャル』、『ホワイト・ジャズ』)を発表。 『L.A.コンフィデンシャル』はカーティス・ハンソンの手によって映画化され,『タイタニック』にアカデミー賞の票を奪われるも犯罪映画の佳作として評価された。 第4部に当たる『ホワイト・ジャズ』はジョー・カーナハン監督によって映画化企画が進められている。
ジェイムズ・エルロイ – Wikipedia

トマス・ハリス(Thomas Harris, 1940年4月11日- )は、アメリカの小説家。テネシー州ジャクソン生れ。テキサス州ウェイコのベイラー大学(Baylor University)卒。
>1988年、前作『レッド・ドラゴン』(1981年)に続くハンニバル・レクターを主人公とする小説『羊たちの沈黙』を発表、映画化されアカデミー賞を受賞、映画配給会社のオライオン・ピクチャーズ(Orion Pictures Corporation)を倒産の危機から救った。1999年に発表した『ハンニバル』も映画化され、前作以上の興行収入を得た。さらに2005年、レクターの少年期を描いた『ハンニバル・ライジング』を出版し、2007年に映画化された。
大衆の前に姿を現すことがなく、非常に謎の多い人物である。30年の作家生活で作品はこれら5作しかないという、寡作な作家でもあるが、作品は全て映画化されている。
トマス・ハリス – Wikipedia