「坂井秀至」さかいひでゆき 2010張栩を下し碁聖獲得 京大医学部卒医師免許を持つ棋士

025dzhwjXn
2010年の碁聖戦で初タイトルを
獲得した、医師資格を持つ棋士
坂井秀至
さかいひでゆき(答)

坂井 秀至(さかい ひでゆき、1973年4月23日 – )は、日本のプロ棋士。関西棋院所属。兵庫県三田市出身。灘高校、京都大学医学部卒業。医師の資格を持つ。佐藤直男九段門下。
>灘高校では、囲碁部主将として全国高校囲碁選手権大会団体戦3連覇を経験。副将に光永淳造。1990年は個人戦でも優勝を果たす。高校3年の秋から、大学浪人の2年間は囲碁から離れる。大学入試の面接で大学に入学したら何をやりたいかと問われた際に「碁をやりたい」と答えたと語る。
1993年、京都大学医学部に入学。父の影響で産婦人科専攻を志す。1年の留年を含み2000年までの7年間に、数々のアマチュアタイトルを手にする。
>医師国家試験合格後の、2001年6月から京都大学付属病院に研修医として配属が決まっていたが、5月からのオリエンテーションで、朝7時から夜の12時まで働き詰めであることを知り、囲碁を学ぶ時間が無くなることが明らかになると、棋士の夢を諦めきれず関西棋院にプロ入りを希望し申請を行った。
>2010年、碁聖戦4連覇中で、5連覇による名誉碁聖資格のかかっていた張栩棋聖・十段・王座・碁聖に挑戦し、3勝2敗でタイトルを奪取。大学卒業後にプロ入りした棋士として、初のタイトル挑戦者にして初の七大タイトルの獲得者となった(大学卒業者であれば、プロ入り後に大学を卒業した淡路修三がタイトル挑戦者となっている)
坂井秀至 – Wikipedia


いたる。目ざす所までとどく。また、自分の所までやってくる。いたれる。いたって。ぎりぎりの線までとどいたさま。最高の。このうえなく。 いたるまで。 太陽がぎりぎりの線までとどいた日。夏至ゲシ・冬至トウジを至日という。 いたり。
>画数
6 (その他の6画の漢字)
音読み

訓読み
いたり いたる
他の読み
いたり いたる ちか のり みち むね ゆき よし
至(シ,いたり,いたる,いたり,いたる,ちか,など)の意味や読み,書き順,至を含む男の子の名前 | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断(名前占い)はよく当たる! 男の子や女の子のお名前を探そう