アボカド「クスノキ科」 「アドボカート」オランダ産の卵黄を用いたリキュール 「コブサラダ」コブさん由来・アボカド・ゆでたまご・鶏胸肉などの主食サラダ

006oJdFynO
アボカドは
◯◯◯◯科の果物?
バクカタノ
マスキビミ
クスノキ(答)
「クスノキ科」

CIMG6823hkrsR6p2
次のうち、クスノキを
「県の木」に制定している
九州地方の県を全て選びなさい
熊本県(答) クスノキ
宮崎県    フェニックス、ヤマザクラ、オビスギ
鹿児島県(答)クスノキ、カイコウズ
佐賀県(答) クス
大分県    豊後梅


兵庫県で「県の木」に制定されている樹木は?
クスノキ(答)

連想
クスノキ科
ワニナシ
別名「森のバター」
カリフォルニアロール
アボカド(答)

タイピング
アオダモの木はモクセイ科ですが シロダモの木は○○○○科?
クスノキ(答)
県獣「シカ」宮城県「カモシカ」栃木県「ホンシュウジカ」山口県 県木「アカマツ」岡山・山口 「モミジ」広島・滋賀「クスノキ」熊本・鹿児島・佐賀  県鳥「ウグイス」山梨・福岡「サンコウチョウ」静岡「コノハズク」愛知「キビタキ」福島 県魚「イセエビ」三重 | わかればいいのに I wish I knew

CIMG6017
ブランデ―をベースに
卵黄などを混ぜて作る
オランダ産のリキュールは?
コィアカント
アラボマーノ
マドスキリー
アドボカート(答)

CIMG4917
ガンヤオ
モントーン
クラドゥムトーン
チャネー
マンゴー
ドリアン(答)
グレープフルーツ
アボカド

CIMG6618gwDkTvEhRDuR
最近人気のコブサラダは
コブさんが考案したサラダである
○ ロバート・H・コブ

アボカド(英: avocado[※ 1]、学名:Persea americana)とは、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木である。また、その果実のことも指す。別名、ワニナシ(鰐梨)。
>日本語名のもとになった英語名 avocado[※ 1]は、スペイン語で「アボカド」を意味する aguacate と、「弁護士」を意味する avocado(現代の綴りでは abogado[※ 3])との混同で生じた形といわれる[12]。なお、現代のスペイン語では abogado に「アボカド」の意味はないが、フランス語では「アボカド」と「弁護士」は全く同形 (avocat[※ 4]) である。
>品種は1000種を超え栽培品種は一部であり細部はよく分かっていない品種も多い。比較的栽培されることが多い品種について述べる。
ハス種 前述したようにアメリカを始め世界の多くの国ではアボカドといえばハス種である。日本ではアボカドの99%はハス種である。グアテマラ系[24]。
フェルテ種 ハス種が主流になる前はフェルテ種がもっとも多く栽培されていた。アボカドの中では比較的低温に強く、現在でも世界で2番目に生産量が多い。食味は濃厚で美味しいが、熟しても黒くならないので食べごろが分かりにくく収穫後の日持ちもハス種より悪い。南アフリカではアボカド生産量の45%をフェルテ種が占めるほか、イスラエルでは15%、スペインでは14%などのシェアを保っているフェルテ種はメキシコ系とグアテマラ系の交配種である[24]。
ベーコン種 フェルテ種同様熟しても緑色のままで食味は濃厚 フェルテ種よりもさらに低温に強い。日本の温暖な地域ならば栽培も可能。世界ではスペインでシェア9%カルフォルニアでも少量生産されている。メキシコ系とグアテマラ系の交配種[24]。
ピンカートン種 脂肪分が多く大玉になる。果皮は深緑で耐寒性は弱い。果実の日持ち性は良い。イスラエルでシェア11%のほか南アフリカでも8.5%を占める。グアテマラ系[24]。
リード種 球形の果実をつける。大型で食味は濃厚 ハス種よりさらに日持ち性はよい耐寒性は弱くイスラエルで少量生産されている。グアテマラ系[24]。
アボカド – Wikipedia

ドリアンの『ドリはマレー語でトゲ、アンは果実』の意味があります。英名では『シベット・フルーツで麝香の果実』という意味があります。原産地はマレー半島、ボルネオ、スマトラ島です。果重は、1~3kgで、中には5kgに達するものもあります。果面にトゲが密集し、クリームチーズのような舌触りで、蜜とチーズを練り合わせたような濃厚な甘味があります。
>タイでは、研究用も含め200種類程度のドリアンがあるといわれていますが、実際に流通しているのは、主にチャネー種、モントーン種、ガンヤオ種、クラドゥムトーン種の4種類です。特に良く見かけるのが、モントーン種、チャネー種です。
(1)チャネー種
チャネーとは、タイ語で『テナガザル』の意味です。ドリアンの実が枝からブラ下っている様子が、テナガザルに似ている事から由来しています。
特徴は、花が咲いてから比較的早くに収穫が出来、茎は短く、大きさは中型です。種は扁平の小さ目で、果肉は甘く、匂いは強烈です。一番流通量多い品種になります。

(2)モントーン種
モントーンとは、タイ語で『金の枕』という意味です。黄色く熟れた果肉の形が、枕に似ている事から名付けられたものです。
特徴は、花が咲いてから収穫まで120-135日で茎は短く、大きさは中型から大型です。種は扁平の小さ目で、匂い、甘さ共に控えめです。又、チャネー種に次いで流通量が多い品種です。

(3) ガンヤオ種
ガンヤオとは、『茎が長い』という意味です。
特徴は、その名の通り、茎の部分が10cm以上と長く、花が咲いてから収穫までは比較的遅いです。大きさは中型で、種は大きく、果肉は甘いです。流通量は、チャネー種やモントーン種に比べると少ない品種です。

(4)クラドゥムトーン種
クラドゥムトーンとは、タイ語で『金のボタン』という意味です。その形が、昔の中国風のシャツのボタンに似ているところから由来しています。
特徴は、花が咲いてから収穫まで比較的早く、茎は短く、大きさも小型から中型です。種は比較的大きく、果肉は甘いです。あまり見かけない品種と言えます。
ドリアン 神果神戸株式会社

アドヴォカート(advocaat)は、オランダ産の黄色い濃厚なクリーム状のリキュール。卵黄・香りのよいスピリッツ・砂糖・ブランデーと、少量のバニラから作られる。甘くて口当たりがよい。アルコール度数は15%。
アドヴォカートの起源は、南アメリカへ渡ったオランダの開拓移民の間で作られていた飲み物である。現地で彼らは新鮮なアボカドをホイップしたものを用いて濃厚な飲み物を作っていたが、オランダでは南国産の果物であるアボカドの代わりに、卵黄をつかって似た飲み物を作った。「アドヴォカート」という名前は、「アボカドの実」をあらわすオランダ語に由来している。
アドヴォカート – Wikipedia

コブサラダ (Cobb salad, Cobb’s salad) は、レタス、アボカド、トマト、鶏または七面鳥の胸肉、固ゆで卵、かりっと焼いたベーコン、ブルーチーズ、フレンチドレッシングまたはヴィネグレットソースなどで構成されるサラダ。1937年にロサンゼルスはハリウッドのレストランブラウン・ダービー (Brown Derby) のオーナー、ロバート・H・コブにより考案された。現在では世界中で食べられている。
コブサラダ – Wikipedia