岐阜県の名物 「朴葉(ほうば)寿司」「栗きんとん」「からし豆腐」「げんこつ飴」

083aNsKDIL
げんこつ飴
からし豆腐
栗きんとん
朴葉寿司 ほうばずし
岐阜県(答)
石川県
山梨県
福井県

岐阜県の郷土料理|農山漁村の郷土料理百選
豆 …

「朴葉寿司(ほおばずし)」は、岐阜県の飛騨地方などで作られてきた初夏を代表する郷土料理。朴葉の葉がたくさん採れる春の終りから夏にかけて、その葉を使って、昔から田植えや養蚕の飼育など春の農作業を終えたこの時期に、「朴葉寿司」を作って野休みのご馳走としてきた。寿司ご飯に入れる具も家々で異なるが、主にサケ、サバ、キャラブキ、生姜など。殺菌作用があるとも言われる朴葉、その香りを愛でると共に、お皿の代わりともなり葉でまとめながら食べることができる。
朴葉寿司 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

生栗を皮のままゆであげ、中身をすくい出して裏ごししたものに、砂糖と塩で味を調えたものを弱火で練り、茶巾で軽く絞った岐阜県の郷土菓子。岐阜県中津川市では昔から栗の栽培が盛んで、秋から冬に収穫される栗を用いた料理(栗おこわなど)やお菓子が各家庭に伝わる。
栗きんとん 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

からし豆腐(辛子豆腐、辛子とうふ)は、ドーム型をした豆腐の中に練りからしが入った食品。きざみ海苔をかけて冷奴のようにして食べる。岐阜県の郷土料理とされるが、京都や北陸地方、名古屋にも同じような食品がある[1]。夏の食べ物とされる。
起源は明らかではないが、岐阜へは名古屋の豆腐職人によって70年ほど前に伝えられたとする説がある[2]
からし豆腐 – Wikipedia

げんこつ飴(げんこつあめ)は、大豆を原料としたきな粉から作られた飴菓子で、飛騨の伝統的な駄菓子。
>水飴を混ぜて練り上げるときに、抹茶や胡麻、ヨモギなどいろいろなものを混ぜることもある。また仕上げにも、まわりにきな粉や砂糖などをまぶすこともあり、組合せにより多くの種類のげんこつが出来あがる。
げんこつ飴 – Wikipedia