マイルズ・ブリードン ロナルド・ノックスが生んだ探偵 「ノックスの十戒」

021qNZSrYkjoe
イギリスの推理作家
ロナルド・ノックスが生んだ
保険調査員を務める探偵は
マイルズ・◯◯◯◯◯?
パリスゼル
ドジェドト
ブレーナー
→ブリードン
「マイルズ・ブリードン」
Miles Bredon

私立探偵 マイルズ・ブリードン
(Miles Bredon)
>〈ノックスの十戒〉でも有名なイギリス黄金時代の本格作家ロナルド・A・ノックスの生み出したシリーズ・キャラクター。
 ノックスの発表したうち「陸橋殺人事件」を除く5つの長編と、古今東西のアンソロジーにも何度か採られているノックスの代表的な短編「密室の行者」の計6編に登場します。
引用元: 私立探偵 マイルズ・ブリードン(Miles Bredon)

ロナルド・ノックス(Ronald Arbuthnott Knox、1888年2月17日 – 1957年8月24日)は、イギリスの聖職者・神学者で推理作家。兄は『パンチ』編集長を務めたE・V・ノックス。
>推理小説の著作は少ないが、ユーモアと風刺が効いた、人をくった作品が多い。特に長編『陸橋殺人事件』と短編『密室の行者』は世界的に傑作と名高い。シリーズ探偵として、保険会社の代理人マイルズ・ブリードンが5作品で活躍する。ただし周囲や教会からはあまり好意的に見られず、再三にわたって執筆をやめるようにいわれている。そんな中で1937年に自ら断筆し、以後は一作も書いていない。
推理小説界の興隆にも力を注ぎ、フェアプレーの原則を主張した。日本では推理小説のトリックにおける「ノックスの十戒」でも知られている。
引用元: ロナルド・ノックス – Wikipedia

CIMG6738lQHGfqlhvdIn
推理小説を書く上でのルール
となる「十戒」を発表した
ことで有名なイギリスの作家は
ロナルド・○○○○?
ンーットス
ラマノクバ
→ノックス
「ロナルド・ノックス」