フライフィッシング水面から「ドライフライ」「ウェットフライ」「ニンフフライ」 「ニンフ」不完全変態昆虫の幼生 「ロールキャスト」「スペイキャスト」 「グローブライド」旧ダイワ精工 釣果ゼロ「ボウズ」「アブレ」「オデコ」

021TiEaQOzyEm
次のフライフィッシングのフライ
を使用場所が水面に近い方から
順に選びなさい
ドライフライ
ウェットフライ
ニンフフライ

選択肢は固定で、「ストリーマーフライ」は存在しないようです。
釣り関連をまとめて復習しましょう。

oqOxgEWWFk
フライを使うポジションで説明すると、大雑把にドライフライは水面上、ウェットフライは水面直下から浅い水深、ニンフフライは浅い水深からやや深い水深まで、ストリーマーフライは水中を泳ぐ、と理解すると分かりやすいと思います。
トーマス・ブレークモア記念社団 養沢毛鉤専用釣場 フライTOP

CIMG4601
不完全変態する昆虫の幼虫を
妖精に例えて○○○という?
○を答えなさい
ニンフ(答)
nymph

128tbRxlqtbaP
129eMBibEghQR
フライフィッシングの投げ方で
水面を釣り糸が転がるように
投げるものを「ロールキャスト」
といいますが

釣り糸が水面に触れたまま
後方にループを作る投げ方を
「◯◯◯キャスト」という?
ロイドペ
ルスーッ
スペイ(答)
「スペイキャスト」「スペイ川」由来
Spey casting is a fly-casting technique that evolved in Scotland in the mid 1800’s. It is named after the river Spey – one of Scotland’s premier salmon rivers – and is most likely where the technique started to be used. (For detailed information, download the booklet, Basic Spey and Two-handed Fly Rod Casting).
What Is Spey? – Spey Central | RIO

086IpOPFbRlzr
以前の社名を「ダイワ精工」と
いった、東京都東久留米市に
本社をおく大手釣具メーカーは?
ログブドーライ
グローブライド(答)
Globeride, Inc.

CIMG1200limGbYHTmzhz
「割りビシ」とも呼ばれる
この釣りのオモリは?
(画像出題)
ツカムブニ
ガオリミシ
カミツブシ(答)

◯×
別名を「割りビシ」という釣りで使われる、中央に割れ目が入った楕円形のオモリはカミツブシである
◯(答)
×ニギリツブシ

CIMG2001psKvVjHSyofX
次のうち
一匹も釣れなかったことをさす
釣の用語を全て選びなさい
スカリ 「釣った魚を入れる網袋」
ボウズ(答)
サビキ 「仕掛け方法の一種」
アブレ(答)
オデコ(答)
ソコリ 「干潮の状態」

CIMG69507hO4xxlWDQ0V
釣り人の用語で
水中に張り出している岩礁を
「ハエ根」という
◯(答)
✕アブ根

スロット
釣りの用語で、大きな魚に
追われた小魚が逃げ集まり
海面が盛り上がった状態を
「○○○が立つ」という?
ナブラ(答)


英語では「ボイル」という
釣り用語で、大型魚に追われて
海面近くの魚が群れをなす様子
を「◯◯◯が立つ」という?
ナブラ(答)

キューブ
イワシなどの魚が作る球状の群れをなんという?
ベイトボール
bait ball

フライ・フィッシング(英: Fly fishing)とは、欧米式の毛針であるフライを使う釣りである。起源はイギリスにあるとされる。
日本の伝統的な毛針を使った釣りであるテンカラ釣りがこれと大きく異なる点は、リールを使用しないことと毛針による誘い方の違いである。
>使用するフライに応じてドライフライ・フィッシングとウェットフライ・フィッシングの2つに大別することが出来る。
ドライフライ・フィッシング
フライを水面に浮かせる釣り方。
ウェットフライ・フィッシング
フライを水中に沈める釣り方。
ニンフフィッシング
フライを水中に沈める釣り方ではあるが、ニンフと呼ばれるフライを使用する場合は一般にウェットフライ・フィッシングとは呼ばない。
フライ・フィッシング – Wikipedia

スペイキャスト (Spey casting) とは、ラインを空中で前後に振る通常のフライキャスティング、いわゆるオーバーヘッドキャストとは異なり、水面にラインの一部を付けた状態(この付いている部分をアンカーと呼ぶ)で後方にループを作り出すキャスト方法の総称である。オーバーヘッドのように後方空中に長いラインを伸ばさなくて済むため、岸際に木などの障害物が多い場所で有効な方法である。起源はスコットランドのスペイ川とされているが、そこから派生して世界各地の釣り場で独自の発達を遂げたキャスティング方法が存在する。
スペイキャスト – Wikipedia

>おでこ
魚が1尾も釣れない事。ボウズとも言う。やだネ?!
>カミツブシ
楕円形で割り溝の入ったオモリ。サイズ表示は極小・小小・小・中・大・大大・特大。丸型の物はガン玉。
>サビキ仕掛
針に魚皮、スキンなどを巻き数本(6本?)の段針の下又は上にカゴをつけこのカゴにコマセを入れて上下に揺さぶる事でアジ、イワシ、コノシロなどを釣る。投げ釣りのキス釣では競技大会などで数を競う場合に5?8本針の仕掛けの釣法での呼び名
>スカリ
釣った魚を入れる網袋(ブイなどが付いたものもある)
>ナブラ
小魚が大形魚に追われ、海面近くに出てくる。そのため海面がざわつき、かもめなども寄ってくる。ルアーフィッシング(青物)では絶好のチャンス到来
>ハエ根
ワンドから沖に出ている瀬(岩場)この根が水没していると沈み瀬とか隠れ根と言う。
釣り用語辞典 | 釣具のポイント