宝くじ発売順(選択数順)「ナンバーズ」「ミニロト(火曜抽選)」「ロト6(月木抽選)200円」「ロト7(金曜抽選)300円」 「サマージャンボ」「ドリームジャンボ」「オータムジャンボ」 「江戸の三富」谷中感応寺・目黒不動・湯島天神

004djGchvi
数字選択式宝くじ
「ロト6」と「ロト7」の
一口の値段は同じである
✕(答)
◯ 「ロト6」200円「ロト7」300円

007yELvEXFRrH
次の宝くじを
早く誕生した順に
選びなさい
ナンバーズ   1994開始 選択数3または4
ミニロト   1999~ 選択数5
ロト6   2000~ 選択数6
ロト7   2013~ 選択数7

選択する数字の順になります。選択数が小から大のイメージで覚えましょう。
抽選日ですが、いいゴロが思い浮かびませんでした。
ロト6から始まりロト7で一週間終了のおおまかなイメージで、ロト6は主力なので月・木。ロト7は「ラッキー7」「花金」のイメージで金曜日。間にミニロトが入るイメージで。
宝くじ関連をあわせて復習しましょう。

CIMG2488AAjyTZIGDmQt
CIMG7158YDTLSWHYHNdf
次の曜日を
抽選日がある宝くじごとに
グループ分けしなさい

ロト6ロト7ミニロト
金曜日
木曜日
月曜日
火曜日

CIMG3013DZNgFJvbpBrh
次の宝くじを販売が
開始された順に選びなさい
サマージャンボ宝くじ
ドリームジャンボ宝くじ
オータムジャンボ宝くじ

CIMG4442EhFmyHTgLJmT
次のうち、江戸時代に
富くじが盛んだたことから
「江戸の三富」と呼ばれた場所を
全て選びなさい
目黒不動(答)
湯島天神(答)
谷中感応寺(答)
日枝神社

ナンバーズは購入者が自分で数字を選ぶ「数字選択式宝くじ」です。
000から999までの中から好きな3ケタの数字と申込タイプを選ぶ「ナンバーズ3」と、0000から9999までの中から好きな4ケタの数字と申込タイプを選ぶ「ナンバーズ4」の2種類があり、価格はいずれも1口200円です。また「ナンバーズ3」には、下2ケタだけを選ぶ「ミニ」という購入方法もあります。
1年中、原則毎日、月曜日から金曜日は午前8時から午後6時30分まで、土曜日・日曜日は午前8時から午後8時まで(年末年始を除く)数字選択式宝くじ売り場で購入することができます。
>当せんは毎週 月曜日~金曜日の週5日、18時45分から原則、東京宝くじドリーム館で行われます。(年末年始を除く)
水曜日以外はロト6,ロト7またはミニロトの抽せん終了後に行われます。
抽せんは、「電動式小型風車型抽せん機」を使って行われます。
みずほ銀行 宝くじコーナー:ナンバーズ

「ミニロト」は1~31の31個の数字の中から、異なる5個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。
1999年4月に関東地方・近畿地方の13都府県で販売が開始され、同年10月に発売地域が全国に拡大されました。1等の当せん金は、約1,000万円(理論値)。価格は1口200円です。
1年中、原則毎日、午前8時から午後8時(年末年始を除く)、抽せん日(火曜日)は午後6時30分まで、数字選択式宝くじ売り場で購入することができます。
>抽せんは毎週火曜日、18時45分から原則、東京宝くじドリーム館で行われます。(年末年始を除く)
抽せんは、ロト専用抽せん機「電動撹拌式遠心力型抽せん機」(愛称:夢ロトくん)を使って行われます。
みずほ銀行 宝くじコーナー:ミニロト

「ロト6」は、1~43の43個の数字の中から、異なる6個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。2000年10月より全国で発売されました。1等の当せん金は最高2億円(理論値は、約1億円)。キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高4億円となります。価格は1口200円です。1年中、原則毎日、午前8時から午後8時まで(年末年始を除く)、抽せん日(月・木曜日)は午後6時30分まで、数字選択式宝くじ売り場で購入することができます。
>抽せんは毎週月・木曜日、18時45分から原則、東京宝くじドリーム館で行われます。(年末年始を除く)
抽せんは、ロト専用抽せん機「電動撹拌式遠心力型抽せん機」(愛称:夢ロトくん)を使って行われます。
みずほ銀行 宝くじコーナー:ロト6

「ロト7(ロトセブン)」は、1~37の37個の数字の中から、異なる7個の数字を選んで購入する、「数字選択式宝くじ」です。2013年4月より全国で発売されました。1等の当せん金は最高4億円(理論値)。ロト6と同じく、当せん金の繰り越しが行われる「キャリーオーバー制」を採用しています。キャリーオーバーが発生した場合、1等の当せん金は最高8億円となります。価格は1口300円です。1年中、原則毎日、午前8時から午後8時まで(年末年始を除く)、抽せん日 金曜日は午後6時30分まで、数字選択式宝くじ売り場で購入することができます。
>抽せんは毎週金曜日、18時45分から原則、東京宝くじドリーム館で行われます。(年末年始を除く)
抽せんは、ロト専用抽せん機「電動撹拌式遠心力型抽せん機」(愛称:夢ロトくん)を使って行われます。
みずほ銀行 宝くじコーナー:ロト7

宝くじについて 宝くじのあゆみ | 宝くじ公式サイト

この方法が時勢にあったのか大いに流行し、幕府はしばしば禁令を発した。1692年(元禄5年)5月に出された江戸の町触には、富籤を禁止しする旨の条文があったという。しかし1730年(享保15年)、幕府公認の下、仁和寺門跡の宅館修復の名目による富突を護国寺で3年間行った以降、富籤は主に寺社の修理費用に充てるために興行された。このため、許可は寺社奉行に出願することとなり、抽籤の際には与力が立ち会った。谷中感応寺、目黒滝泉寺、湯島天神は江戸の三富と呼ばれるほど盛んであったという。[2]。寛政の改革期は、松平定信によって江戸・京都・大阪の3箇所に限られ、あるいは毎月興行の分を1年3回とするなど抑制されたが、文政、天保年間に入ると再び活発化し、手広く興行を許され、幕府は9年、三府以外にもこれを許可し、1年4回の興行とし、口数を増やし、1ヶ月15口、総口数45口までは許可する方針をとった。これは、1842年(天保13年)3月8日に水野忠邦が突富興行を一切差止するまで続いた。
富籤 – Wikipedia