「マンサ・ムーサ」マリ帝国第10代の王「豪勢なメッカ巡礼」人類史上最高のお金持ちとも 正統カリフ「アブー・バクル」「ウマル」「ウスマーン」「アリー」ゴロ「正統カルビ炙るとうまい、薄口アリ」

014OxMlaReIZa
かつてアフリカに存在した
マリ帝国の最盛期を築いた
ことで知られる、14世紀の
同国大10代の王は?
サー・サマンム
マンサ・ムーサ(答)
Mansa Mūsā

人類史上最高のお金持ちと言われているようですね。
マンサの祖父は正統カリフのアブー・バクルとは別人のようですが、合わせて復習しましょう。4人カリフの頭文字アウウア想起して「アリスアウアア」も。

CIMG1078RuuBvcEmJhRJ
次の正統カリフ時代の
4人のカリフを、就任した順に
選びなさい
アブー・バクル
ウマル
ウスマーン
アリー

正統カリフ
正統カルビ

炙ると うまい 薄口 アリ
アブ・バルク ウマル ウスマーン アリー
世界史 イスラム 正統カリフ時代 4代 覚え方 | 周期表の覚え方 掲示板

CIMG4987
船越保孝が設立したゴスロリ
のファッションブランドです
アリスアウアア(答)
alice auaa

マンサ・ムーサ(مانسا موسى‎ Mansā Mūsā)は、マリ帝国の10代目の王(マンサ)。マンサ・ムサとも表記される。カンク・ムーサ(Kankou Musa)、カンゴ・ムーサ(Kango Musa)、カンカン・ムーサ一世(Kankan Musa I)とも。この王の時代からマンサ・スレイマン(Mansa Suleyman,在位:1341年 – 1360年)の時代までにマリ帝国は最盛期を誇った。現在の価値にして約4000億ドル(約35兆円)という人類史上最高の総資産を保有した[1][2]。
>イブン・ハルドゥーンのマリ歴代王についての包括的な歴史叙述によると、マンサー・ムーサーの祖父はアブー・バクル[注釈 1]・ケイタといい、口誦で伝えられる歴史に記憶されるマリ帝国の開祖、スンジャータ・ケイタ(英語版)の兄弟であるという。なお、アブー・バクル自身は王に即位することなく、息子でありムーサーの父にあたるファガ・ライエも歴史に重要な役割を果たしていない[10]。
>マンサ・ムーサは1324年のメッカ巡礼で有名である。豪華なムーサの一行は周辺の国家にマリ帝国の富裕さを知らしめた。
マンサ・ムーサ – Wikipedia

マンサ・ムーサ【Mansa Mūsā】

西アフリカ内陸に,13~14世紀に栄えたマリ帝国最盛期の王の名。マンサは王の称号で,カンカン・ムーサKankan Mūsāともいう。14世紀前半に在位したと思われる。マリ帝国はその版図内に大量の金を産出し,これをサハラ砂漠を越えた交易によって北アフリカに送り出していたが,1324‐25年にムーサ王が行った豪勢なメッカ巡礼と,その途中王がカイロで施した膨大な金についてのうわさは,〈黄金の帝国マリ〉の名を地中海世界に広めた。
マンサ・ムーサとは – コトバンク

人類史上もっともお金持ちだったマンサ・ムーサがすごすぎる – NAVER まとめ