日本初コーヒーチェーン「サンマルクカフェ」「ドトールコーヒー」「エクセルシオールカフェ」 「モカ」豆生産国イエメン・エチオピア(モカ港) 「プースーカフェ」コーヒの後でが由来

155VpZkXdbGSn
次のうち、日本生まれの
カフェチェーンを1つ選びなさい
カッフェ・フローリアン   イタリア「カフェ・ラテ」の発祥
タリーズコーヒー   アメリカ由来「参議院議員松田公太が創業者」
セガフレード・ザネッティ   イタリア「コレット(酒入りコーヒー)」も
サンマルクカフェ(答)
スターバックスコーヒー   アメリカ「店名は『白鯨』航海士由来」
ドトールコーヒー(答)
エクセルシオールカフェ(答)
シアトルズベストコーヒー   アメリカ

タリーズコーヒーが日本生まれでないことに注意。(渡米し営業許可を得たようです)「ドトール」と「エクセルシオール」は母体が一緒だったのですね。コーヒー関連をまとめて復習しましょう。

CIMG1876
次のうち
日本で創業された
カフェチェーンを
全て選びなさい
ドトールコーヒー(答)
タリーズコーヒー
スターバックスコーヒー

CIMG2417
次のうち
コーヒー豆の「モカ」が
算出される国を
全て選びなさい
キューバ
イエメン(答)
インドネシア
エチオピア(答)

PRQTydzRfF
コーヒーの木が発見された国。高原でコーヒーの実を食べて興奮しているヤギを見て、ヤギ飼いカルディがその実を食べてみたと言う説話が伝わっています。
このエチオピアを起点として世界中の生産国へとコーヒー栽培が伝播していきました。
呼び方
エチオピアとイエメンで生産されるコーヒーは、かつてイエメンにあった積み出し港「モカ港」にちなんで「モカ」と呼ばれています。エチオピア産のモカはアフリカコーヒーの代表的存在になっています。
店頭では「モカ ハラー」「モカ シダモ」等の生産地区の名前、「モカ G-1」等、格付けを表す等級と一緒に表記されていることも。
栽培品種
アラビカ種
コーヒーの産地について(アフリカ・中東) | もっとこだわってコーヒーを飲みたい | コーヒーはUCC上島珈琲

CIMG2438QirHxXSkCLVs
お酒の比重の差を利用して
虹のような層を作ったカクテルの
種類を、「コーヒーの後で」と
いう意味の言葉から何という?
スレープザ
フッェパカ
プースカフェ(答)
Pousse Cafe
「プース」はフランス語で「押しやる」の意。「コーヒーを押しやるもの」

CIMG1344TbiPrkAbVoiK
カフェインは、その名の通り
コーヒーの中から発見された
◯(答)
1819フリードリープ・ルンゲ

No.165 クモはコーヒーを飲むとでたらめな巣をつくる。
再び会長曰く、(なぜ、クモはコーヒーを飲むとでたらめな巣をつくるのか)
「コーヒーのカフェインがクモの脳に作用しまして、人間にとってはカフェインは覚醒系に働くわけですけども、クモの場合は中枢神経が麻痺してしまいます。それで人間で言えば、酔っ払った状態になりまして、でたらめな巣を作ります。」
クモもまた違いの分かる男だった!!(クモって全部オス?)
トリビアの泉2003年07月30日放送分

色んな麻薬を蜘蛛に与えたら、巣がこうなった。
cuwhzNqjbL
AXISさんはTwitterを使っています: “色んな麻薬を蜘蛛に与えたら、巣がこうなった。 http://t.co/TBdKR1K5”

CIMG1001VPrMnwjrZKMr
家庭用エスプレッソマシンで
世界シェアのトップを占める
イタリアのメーカーといえば?
マリエ
ナオミ
カエラ
サエコ(答)
Saeco


イタリアでエスプレッソをいれるコーヒー職人を何という?
バリスタ(答)

タイピング
イタリアでエスプレッソをいれるコーヒー職人を何という?
クレマ(答)

037iKHbMrjJwR
カフェラテとカフェオレで
牛乳の割合が多いのは
カフェオレである
×
◯カフェラテ
牛乳が多いのは「カフェラテ」 「カフェ・オ・レ」コーヒー:牛乳=1:1フランス語「コーヒーにミルク」 「カフェ・ラテ」英語「カフェ」イタリア語「ラッテ(牛乳)」1:4 | わかればいいのに I wish I knew

株式会社サンマルクカフェは、岡山県に本社を置く、サンマルクホールディングス傘下のカフェ事業を行う会社。「サンマルクカフェ」のブランドで展開している。かつてはパン小売事業も営んでおり、「パン工房サンマルク」[1]ブランドで展開していた。
サンマルクカフェ (企業) – Wikipedia

株式会社ドトールコーヒー(Doutor Coffee Co., Ltd.)は、主にコーヒーを扱う日本の商社(卸業)である。 コーヒー豆の輸入、焙煎加工並びに卸売販売および、飲食店の経営やフランチャイズ事業を展開している。ドトール・日レスホールディングスの完全子会社。
社是は「1杯のおいしいコーヒーを通じて人々に安らぎと活力を提供する」[1]
>名称の由来[編集]
「ドトール」(doutor)とは、ポルトガル語で、「医者・博士」を意味する。つまり英語の「doctor」に相当する。創業者の鳥羽がブラジルのコーヒー農園で働いていた時の下宿先がサンパウロの「ドトール・ピント・フェライス通り85番地(Rua Doutor Pinto Ferraz, 85 フア・ドウトール・ピントゥ・フェハス)」であったことに由来する。なお、ポルトガル語の発音では「ドウトール」に近い。2012年現在、商業登記しているドトールの店舗数は正式には日本国内に約90店舗しか存在しない。
ドトールコーヒー – Wikipedia

エクセルシオール カフェ(EXCELSIOR CAFFÉ)は1999年7月に株式会社ドトールコーヒーから誕生した、イタリアンエスプレッソを中心とした日本生まれのカフェのチェーン店である。
>ドトールコーヒー社は、低価格で人気を博していた「ドトールコーヒーショップ」とは別に、新たな事業を模索していた。その最大のテーマは日本人の嗜好にフィットするような店があったらとの思いであった。そして、その思いから誕生させたのがエスプレッソコーヒーや、カフェラテ、カプチーノなどのスペシャリティコーヒーをドリンクメニューのメインとしたイタリア流のお店であった。
しかし、販売するものを変えても「ドトールコーヒーショップ」と差別化ができるか否かが大きな焦点であった。その為、カップの重さや椅子の座り心地、つくりおきの豆は一切使用しないなど細かい部分まで差別化を図り、独自の店舗を展開している。
エクセルシオール カフェ – Wikipedia