「鹿島田真希」芥川賞受賞作『冥土めぐり』『女の庭』 白百合女子大学出身

014FDdQfAWwfS
白百合女子大学出身
2005年の三島由紀夫賞受賞者
2012年上半期の芥川賞受賞者
『冥土めぐり』『女の庭』
鹿島田真希(答)
原田マハ
辻村深月
葉室麟

白百合女子大学つながりで、バカボンのママ「黒百合女子大学」も。

IISEqCrTCj
裕福だった過去に執着する傲慢な母と弟。彼らから逃れ結婚した奈津子だが、夫が不治の病になってしまう。だがそれは、奇跡のような幸運だった。車椅子の夫とたどる失われた過去への旅を描く芥川賞受賞作。
冥土めぐり :鹿島田 真希|河出書房新社

RqPDhhXLNQ
居心地の悪さを感じながらも井戸端会議に参加する、子どもを持たない主婦。三島賞作家が描く、ありふれた者に訪れる奇蹟。
女の庭 :鹿島田 真希|河出書房新社

CIMG7177NV2C7rVh7R2h
漫画『天才バカボン』で
バカボンのママの出身大学は
白百合女子大学である
✕(答)
◯黒百合女子大学
「空手バカボン」大槻ケンヂ(大槻モヨコ)、内田雄一郎、ケラの音楽ユニット 「空手バカ一代」「天才バカボン」から造語 「黒百合女子大学」バカボンのママ出身大学 | わかればいいのに I wish I knew

鹿島田 真希(かしまだ まき、1976年10月26日 – )は日本の小説家。特にフランス文学の影響を受けた前衛的な作品を執筆している。
>代表作 『六〇〇〇度の愛』(2005年)
『冥土めぐり』(2012年)
>東京都出身。高校時代にドストエフスキーなどのロシア文学に傾倒。作品世界への興味から教会に通うようになり、17歳のときに日本ハリストス正教会で受洗し正教会信徒となる[1]。白百合女子大学文学部ではフランス文学科に進みプルーストなどを読む。卒論はジュリア・クリステヴァ。大学在学中の1999年、友人の勧めで応募した「二匹」で第35回文藝賞受賞しデビュー。
>2009年「女の庭」で第140回芥川賞候補、「ゼロの王国」で第5回絲山賞を受賞。2010年『その暁のぬるさ』で第143回芥川賞候補。2012年『冥土めぐり』で第147回芥川賞受賞。笙野頼子以来の純文学新人賞三冠作家となった。
鹿島田真希 – Wikipedia

原田 マハ(はらだ まは、女性、1962年7月14日 – )は、日本の小説家、キュレーター、カルチャーライター。東京都小平市生まれ。小学6年生から高校卒業まで岡山県岡山市育ち。岡山市立三門小学校、岡山市立石井中学校、山陽女子高等学校、関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。マリムラ美術館、伊藤忠商事、森ビル、都市開発企業美術館準備室、ニューヨーク近代美術館に勤務後、2002年にフリーのキュレーターとして独立。
>2005年 – 『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞受賞。
2012年 – 『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞受賞、第147回直木賞候補、第10回本屋大賞第3位。
2013年 – 『ジヴェルニーの食卓』で第149回直木賞候補。
原田マハ – Wikipedia

辻村 深月(つじむら みづき、1980年2月29日 – )は、日本の小説家。山梨県笛吹市出身。
>代表作 『冷たい校舎の時は止まる』(2004年)
『鍵のない夢を見る』(2012年)
>山梨学院大学附属高等学校から千葉大学教育学部卒業。2004年「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
>2012年
『オーダーメイド殺人クラブ』で第25回山本周五郎賞候補。
『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞受賞。
辻村深月 – Wikipedia

葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日 [1] – )は、日本の小説家。福岡県北九州市小倉[2]出身。
>福岡県立明善高等学校卒業。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業[3]。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て、2005年に江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた「乾山晩愁」がで第29回歴史文学賞を受賞。
>2012年 – 「蜩(ひぐらし)ノ記」で第146回直木賞受賞。
葉室麟 – Wikipedia