「キャップハンディ」健常者による障害疑似体験「立場を入れ替えて考える」ことからの造語 「ディスレクシア」ルドルフ・ベルリンが命名した読字障害

739nYwRXBRnVo
健常者がアイマスクやウェイトを
着用して活動し、高齢者や
身体障害者の困難な立場を
体験・学習することを何という?
ンプキッハディャ
キャップハンディ(答)

初見だとハンディキャップとしてしまいます。
立場を入れ替えて考えてみようという意味をこめて言葉を入れ替えているようですね。

CIMG5773
1884年にルドルフ・ベルリンが
命名した、知的能力とは関係なく
文字の読めない症状は「○○○
○○○○」? ○を答えなさい
ディスレクシア(答)
Dyslexia

キャップハンディ
文法情報 (名詞)
対訳 empathetically putting oneself in the place of a handicapped person (※「cap handy」は和製英語)
キャップハンディの英語・英訳 – 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書

キャップ・ハンディ体験たいけんとは、英語えいごで不利ふりな条件じょうけんを意味いみする「handy cap=ハンディキャップ」を反対はんたいにした言葉ことばで、立場たちばを入いれ替かえて考かんがえてみようという意味いみが込こめられています。
車くるまいすや白杖はくじょう、アイマスクなどを使つかって、実際じっさいに障しょうがいを持もちながら生活せいかつしている人ひとの感覚かんかく、状態じょうたいを体験たいけんします。
障しょうがい者しゃだけでなく、高齢こうれいになって、目めが見みえにくくなったり、身体しんたいが思おもうように動うごかなくなったりした時ときの体験たいけん(高齢者疑似体験こうれいしゃぎじたいけん)ができます。
ずっぱりボランティアいわて 岩手県社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センター

ディスレクシア(英語: Dyslexia、ディスレキシアとも)は、学習障害の一種である。難読症、識字障害、(特異的)読字障害、読み書き障害とも訳される[1][2][3][4]。1884年にドイツの眼科医ルドルフ・ベルリン(ドイツ語版)によって報告され命名された[5]。
>学習障害の一種で、知的能力及び一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害である。顕著な例では数字の「7」と「seven」を同一のものとして理解が出来なかったり、文字がひっくり返って記憶されたりして正確に覚えられない、など様々な例がある。アメリカでは2割近くの人々が何らかの形で読字障害に関わる症状を持つという調査結果もある[6][7][8][9]。
最新の研究によって、ディスレクシアの人は、脳での情報処理の仕方が一般の人と異なることが明らかになってきている。
ディスレクシア – Wikipedia