「ワールド」神戸で創業したアパレル企業「タケオキクチ」 「アルチザン」コムサ・デ・モードの上位ブランド 「フーズフー」who’s who 株式会社パルのファッションブランド who’s who Chico(フーズフーチコ) WHO’S WHO gallery(フーズフーギャラリー) 「紳士録」who’s who

036jgPuLjS
アパレル企業
1959年に神戸で創業
2007年に国内第1位に
「タケオキクチ」が有名
ファイブフォックス
オンワード樫山
ベネトン
ワールド(答)

CIMG9197uIfBmvTLDiiF
コムサ・デ・モードの
上位ブランドです
ARTISAN(答)
アルチザン (ARTISAN)

145YIFGnBhCRV
株式会社パルが取り扱っている
若者向けファッションブランド
フーズフー(答)
who’s who

正確には、
who’s who Chico(フーズフーチコ)WHO’S WHO gallery(フーズフーギャラリー)の二つのラインナップでしょうか?
「紳士録」もwho’s whoと言うのですね。

株式会社 ワールド(英文表記:World Co., Ltd.)は、兵庫県神戸市中央区港島中町に本社を置く大手アパレルメーカーである。
>ワールドは神戸市の零細アパレルメーカーである光商会(現:株式会社エンパイアー)の社員(当時)である畑崎廣敏と木口衛の2人が光商会を退社後1959年(昭和34年)に独立してワールドを創立、木口が社長、畑崎が専務となり(1972年からは畑崎が社長となり木口は会長に就任しこの体制が1995年まで続いた)二人三脚で大手アパレルメーカーに成長させた。
>ワールドの基幹ブランドである『OZOC』、『UNTITLE』などのキャリアブランドはすべてSPA(製造小売業・Specialty store retailer of Private label Apparel)というビジネスモデルを採用している。これは1980年代に米国GAP社により開発されたアパレル業界特有のビジネスモデルであり、製造、メーカー、小売業を自社で一気通貫に行うことにより商品の中間コストを省き、高品質なアパレル商品とは裏腹に比較的値ごろ感のある商品を自社の在庫コントロールにより大量に供給出来るというメリットがある。
引用元:ワールド (企業) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)は日本の男性向けファッションブランド。トラディショナルな英国風スタイルが特徴で、株式会社ワールドが展開する。
1984年にワールドに移籍したデザイナーの菊池武夫が設立。
なお、菊池武夫は2003年限りでデザイナーを退任、信國太志が2008年春夏まで担当した。 その後2008年秋冬から2013年春夏まで福薗英貴がコレクションラインを担当した。 福薗在籍時後期、2012年秋冬から菊池武夫がクリエイティブディレクターとして復帰している。福薗はデザインディレクターとして新体制を組んだことが話題となったが、福薗の退任により1年足らずで解散することになった。2013年春夏以降、独自路線を貫いていたコレクションラインも消滅した。現在は主にデザインチームによる商品展開がメインである。
引用元:タケオキクチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%83%81

株式会社ファイブフォックス(英語: FIVE FOXes Co.,ltd.)は、「コムサ・デ・モード (COMME ÇA DU MODE)」で知られるアパレルメーカー。単体では国内最大手。
>1980年代のDCブランドブームにおいて「コムサ・デ・モード」や、「ペイトンプレイス」などのブランドで一世を風靡したが、ブームが終焉した上、ブランドの軸となるようなスターデザイナーが存在しなかったことからのちにSPA化へ転向。1990年代のモード全盛期に躍進。かつてのアパレル業界は芸術志向の風土が強く、感性や経験則に頼った経営が行われていた[要出典]が、ファイブフォックスでは企業的手法による商品開発・数値的管理・徹底教育の仕組みを取り入れたのが特徴である。
>そのデザインは黒を基調とし、(スタート時はComme des Garçonsとロゴデザインも完全酷似、コピーブランドの位置づけだった)落ち着きのある「モード」を志向。日本的美意識と西洋の融合を提示し、ストイックなモードであるとの信念を持つ。「笑顔」「挨拶」「おたたみ」は、販売員に必ず課せられる業務[要出典]である。
近年では、商圏の郊外化ならびに低価格化に応じた「コムサイズム」を展開している。
引用元:ファイブフォックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

株式会社オンワード樫山(オンワードかしやま、英: Onward Kashiyama Co, Ltd.)とは、日本の大手アパレル会社である。
>オンワード樫山は、自社ブランドのアパレルに加え様々な海外ブランドともライセンス契約を締結している。創業者は樫山純三で、昭和30年代以降に自社の社名を冠名にした競走馬を多数デビューさせた馬主としても知られている(主な活躍馬:ミスオンワード、オンワードゼアなど)。
引用元:オンワード樫山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E6%A8%AB%E5%B1%B1

ベネトン (Benetton) は、イタリアの企業グループである。実際の発音は「ベネットン」に近い。
>1965年にトレヴィーゾでルチアーノ・ベネトン (Luciano Benetton) により創業。 当時のセーターといえば、地味な色のものばかりであったが、ルチアーノ・ベネトンの妹、ジュリアーナ・ベネトンが作ったカラフルなセーターをヒントに得たことがきっかけとされる。現在のベネトンの特徴とされているカラフルな色遣いは、第二次世界大戦直後の暗い世界から早く脱却したいというルチアーノ・ベネトンの強い思いが強く込められていたといわれる。 2015年時点で世界60ケ国で展開する「ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン」(UNITED COLORS OF BENETTON) を筆頭に、「SISLEY」や「プレイライフ」「Killer Loop」などの服飾ブランドを展開する。
引用元:ベネトン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%88%E3%83%B3

who’s who Chicoとは大阪のアパレル会社「パル」が展開するファッションブランド。ブランド名のChico(チコ)には芸術が盛んなカルフォルニアの首都という意味とスペイン語の男の子・生意気といった意味がある。

ブランドコンセプト †Edit
アメリカのヴィンテージ、ポップカルチャーやメンズウェアをルーツとし、ヤングカジュアルブランドにあって潜在的な女性の魅力を引き出すことにこだわります。
who’s who Chico・フーズフーチコ通販 – ファッション用語辞典apparel-fashion wiki

フーズフーギャラリーについて
フーズフーギャラリー(WHO’S WHO gallery)は、ショップのオリジナルブランド。ショップコンセプトは「EXCITING & RELAX」。

エイティーズ・ユニフォーム・アメリカン・ユーロピアンの4要素から、気分にマッチした力まないブレンドスタイルを提案する。
フーズフーギャラリー : WHO’S WHO gallery

who’s who Chico(フーズフーチコ)|パル公式通販サイト|PAL CLOSET

WHO’S WHO gallery(フーズフーギャラリー)|パル公式通販サイト|PAL CLOSET

デジタル大辞泉の解説
フーズ‐フー(who’s who)

紳士録。現代名士録。
[補説]英国で1849年に発刊された年刊紳士録の書名Who’s Whoから。
フーズフー(フーズフー)とは – コトバンク