「瓦そば」山口県の料理 「たかせ」創立者高瀬慎一

004hCFrsDjBqd
瓦に茶そばを乗せて食べる
瓦そばは何県の料理?
(画像出題)
山口県をタッチ(答)

瓦そば(かわらそば)は、山口県下関市豊浦町の郷土料理。その名の通り、熱した瓦の上に茶そばと具を乗せた料理である。川棚温泉のホテルや旅館を中心に広まっている。山口県内では広く家庭でも食されている。最近では北九州への普及のみならず、静岡県熱海市のホテルで提供されている場面が東京のテレビ番組で見られた。
瓦そば – Wikipedia

明治十年、西南の役において熊本城を囲む薩軍の
兵士たちは、長い野戦の合間に瓦を用いて野草、
肉などを焼いて食べたという古老の話にヒントを得て、
弊店創立者、高瀬慎一が数十年を経過した日本瓦を
用い、弊店独自の製法にて開発いたしました雅味豊
かな茶そばに、牛肉、錦糸卵、海苔、もみじおろし、
レモンなどを配し、これも又、弊店独自のつゆを添えて「瓦そば」
と名付け供したるところ、大方の絶賛を得て広く各地よりご来店賜
るところとなりました。
株式会社瓦そばたかせ