「ガーニーフラップ」自動車のリアウイングにつけるパーツ ダウンフォース増強 ダン・ガーニー スーツのフラップ「雨蓋」由来 「フラワーホール」スーツの襟などにある穴

020iYgXDxTDOs
ダウンフォースを生み出すために
自動車のリアウイングに
取り付けるエアロパーツは
「◯◯◯◯フラップ」?
ナイーニカ
ドスガポル
ガーニー(答)
「ガーニーフラップ」
Gurney flap

ヘリコプターにも使われているようですね。
フラップつながりを復習します。

ZvyEWxawnl
ウイング後縁に気流をせき止めるかたちで取り付けるL字形断面形状の整流板。そのサイズや有無によって、ウイング特性の最終的な微調整を行うために用いられる。
引用元: ガーニーフラップとは – 大車林 Weblio辞書.

CIMG3965
ビジネススーツのポケットの
「フラップ」は、もともと
ポケットの中身を隠すために
ある
×(答)


ビジネススーツのポケットの「フラップ」は、もともと雨が入るのを防ぐためにある
◯(答)

○×
スーツなどの襟に開いている穴はもともと花をさすためのものだった
◯(答)

ガーニーフラップとは、自動車のエアロパーツの種類のひとつ。その名は往年の名ドライバーである開発者のダン・ガーニーから。
自動車のリアウイングは上側と下側の気流の流速差を利用しダウンフォースを生み出すが、レースのレギュレーションではウイング面積、羽の枚数などが厳密に定められており、ダウンフォースの増大には限界がある。そこで小さな形状変化でより大きなダウンフォースを生み出すためにウイングの後端をほぼ鉛直に跳ね上げるような形状に改良させる部品が生み出された。これがガーニーフラップである。
引用元: ガーニーフラップ – Wikipedia.

Helicopter applications[edit]
Double Gurney flaps on a Bell 222U helicopter
Gurney flaps have found wide application on helicopter horizontal stabilizers, because they operate over a very wide range of both positive and negative angles of attack. At one extreme, in a high-powered climb, the negative angle of attack of the horizontal stabilizer can be as high as -25°; at the other extreme, in autorotation, it may be +15°. As a result, at least half of all modern helicopters built in the West have them in one form or another.[22]
引用元: Gurney flap – Wikipedia, the free encyclopedia.

もともとは雨の侵入を防ぐためのパーツ
上着のポケットのふたは、「フラップ(雨ぶた)」という名称で、昔は雨の侵入を防ぐためにつけられたものが現在でもデザインとして残っています。スーツにはこのように、昔は機能のために作られたデザインパーツが多く存在しています。例えば、皆さんが社章を付けている衿に開けられた穴は、「フラワーホール」といってもともとは花を飾るためにつけられた穴がデザインとして残っているものです。社章のために作られている訳ではないんですね。
引用元: スーツジャケットのポケットにある“ふた”、出す? 入れる?(電気・機械・化学 男性 20代前半) BB-Way ビジネスエチケットの今.