ジョージ・マクドナルドの小説『リリス』『北風のうしろの国』『お姫さまとゴブリンの物語』

227iXydTto
276QFBmthYJRt
次のうち、イギリスの作家
ジョージ・マクドナルドの
ファンタジー小説を
1つ選びなさい
リリス(答)
北風のうしろの国(答)
歌う船 アン・マキャフリー
ネシャン・サーガ ラルフ・イーザウ
スナーク狩り ルイス・キャロル
ホビットの冒険 J・R・R・トールキン
お姫さまとゴブリンの物語(答)
ジム・ボタンの機関車大旅行 ミヒャエル・エンデ
30%

ジョージ・マクドナルド(George MacDonald, 1824年12月10日 – 1905年9月18日)は、スコットランドの小説家、詩人、聖職者。
日本では、『リリス』などの幻想文学や、『お姫さまとゴブリンの物語』などの児童向けファンタジーの作者として知られる。
今日ではさほどの知名度は無いが、彼の作品(特に童話とファンタジー小説)はW・H・オーデン、J・R・R・トールキン、C・S・ルイス、マデレイン・レングルらといった作家たちに賞賛されている。
>ファンタジーの『ファンタステス』『お姫様とゴブリンの物語』『北風のうしろの国』『リリス』、児童向けの『かるいお姫さま』『黄金の鍵』『きえてしまった王女』はマクドナルドの代表作である。「私は子供のためではなく、子供の心を持った人……5歳だろうと、15歳だろうと、75歳だろうと実年齢は関係ない……のために書くのだ」とマクドナルドは記している。
彼はルイス・キャロルの助言者でもあった。『不思議の国のアリス』の公刊をキャロルに勧めたのはマクドナルドである。
引用元: ジョージ・マクドナルド – Wikipedia.

YqXGQASBbs
闇の女王とは? 幻の土地とは? 夢に夢が重なる不思議な冒険。キャロルやトールキンも影響を受けた英国のファンタジーの傑作。
【解説: 矢川澄子 】
引用元: 筑摩書房 リリス / G・マクドナルド 著.

jWJkoOOwCL
北風の精はダイアモンド少年を連れだした。ロンドンの夜空へ、嵐の海上へ、そして北風のうしろの国へ……。その不思議な国から戻った少年は、想像力の翼を広げ、産業革命期の生活に疲れた人々に優しさを取り戻させてゆく。C・S・ルイスやトールキンが開花させた英国ファンタジイの、偉大なる先駆者による名作
引用元: 北風のうしろの国 | 種類,FT文庫 | ハヤカワ・オンライン.

taJFjQPSHL
恐ろしいゴブリンの小人たちが,人里離れた館に住む愛らしいお姫さまを誘拐しようとたくらむ.お姫さまを救うのはだれ? イギリスの名作.(改版)
引用元: お姫さまとゴブリンの物語.

68年には、「大洞窟人来たる」でヒューゴー賞ノヴェラ部門を受賞。この作品は、その後彼女を代表するシリーズとなる《パーンの竜騎士》の第1作『竜の戦士』第1部になります。さらに翌69年には同じく『竜の戦士』の第3部、第4部となる「塵が降る」「つめたい宇宙間隙」でネビュラ賞ノヴェラ部門を受賞しました。
>創元SF文庫では、彼女のもうひとつの代表作とも語られる『歌う船』が根強い人気を誇り、ロングセラーとなっています。サイボーグ宇宙船となった少女ヘルヴァの任務の日々を描いた連作で、のちに若手作家との共作で長編シリーズ化されました。そのなかでも《ヴァルデマール年代記》で知られるマーセデス・ラッキー『旅立つ船』は有名です。
引用元: SF作家アン・マキャフリー 逝去|お知らせ|東京創元社.

ラルフ・イーザウは1956年ベルリン生まれ。作家としてデビューするのは1995年なので、遅咲きの作家といえる。彼の子ども時代から作家としてデビューするまでは『ラルフ・イーザウの宇宙』(長崎出版刊)で紹介しているので、興味のある方はぜひ参照して頂きたい。もともと娘のために書いた中編ファンタジー「竜のゲルトルート」(未邦訳)の私家版がミヒャエル・エンデに評価され、デビューのきっかけとなった。1995年には同書と同時に代表作であるファンタジー『ネシャン・サーガ』三部作(あすなろ書房刊)の第一部が出版された。
引用元: 酒寄進一/ラルフ・イーザウ『緋色の楽譜』訳者あとがき[2011年10月]|海外ミステリ出張室|Webミステリーズ!.