奥田英朗の小説刊行順(あいうえお順)『最悪』『邪魔』『無理』 東野圭吾『怪笑小説』『毒笑小説』『歪笑小説』

020otdpOSEePo

次の作家・奥田英朗の小説を
刊行された順に選びなさい
『最悪』
『邪魔』
『無理』

あいうえお順

奥田 英朗(おくだ ひでお、1959年10月23日 – )は、日本の小説家。主な作品に『最悪』、『邪魔』、『イン・ザ・プール』、『空中ブランコ』、『オリンピックの身代金』など。
>1999年、『最悪』が「このミステリーがすごい!」2000年版で第7位に、2001年、『邪魔』が「このミステリーがすごい!」2002年版で第2位にランクインする。2004年に代表作である精神科医・伊良部シリーズの第2作目『空中ブランコ』で第131回直木賞を受賞した。
引用元: 奥田英朗 – Wikipedia

内容紹介
なぜ人は平凡な日常から堕ちていくのか?
犯罪に追いつめられる人間の心理を驚嘆の筆力であますところなく描く1999年の話題作。
零細工場主と恐喝(カツアゲ)常習者が「人生の敗け組」という運命に唾を吐いた。
とてつもない新人が放つ比類なき犯罪小説
引用元: 最悪 奥田英朗 講談社

021JheAmzHYIk
次の作家・東野圭吾の
ユーモア短篇集を
刊行順に選びなさい
『怪笑小説』
『毒笑小説』
『歪笑小説』

あいうえお順

『怪笑小説』(かいしょうしょうせつ)は、東野圭吾のユーモア短編小説集。『○笑小説』シリーズの1作目。
>シリーズ
怪笑小説(1995年、集英社 / 1998年、集英社文庫)
毒笑小説(1996年、集英社 / 1999年、集英社文庫)
黒笑小説(2005年、集英社 / 2008年、集英社文庫)
歪笑小説(2012年、集英社文庫)
引用元: 怪笑小説 – Wikipedia

年金暮らしの老女が芸能人の“おっかけ”にハマリ、乏しい財産を使いはたす「おっかけバアさん」をはじめ、ちょっとブラックで、怖くて、何ともおかしい人間たち!多彩な味つけの9編。(解説・真保裕一)
たち!多彩な味つけの9編。(解説・真保裕一)引用元: 怪笑小説| 東野 圭吾| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社