馳星周と受賞作 『漂流街』第1回大藪春彦賞 『不夜城』吉川英治文学新人賞

004HjZuBTbivY
1999年に第1回大藪春彦賞を
受賞した、馳星周の小説は?
漂夜世
不勒城
弥光街
漂流街(答)

馳 星周(はせ せいしゅう、1965年2月18日 – )は、日本の小説家。本名坂東齢人(ばんどう としひと)。ペンネームの馳星周は本人がファンであるスター周星馳の名前を逆にしたものである。
>1996年8月、『不夜城』にて一般小説作家としてデビュー。この作品は日中混血の男女二人が新宿歌舞伎町に暗躍する中国人マフィアの抗争に巻き込まれるという内容で、当時のベストセラーであった。第116回の直木賞候補となった。以後、第120回に『夜光虫』、第122回に『M』、第130回に『生誕祭』、第138回に『約束の地で』が度々直木賞候補となる。
>第15回日本冒険小説協会大賞日本部門大賞 (1996) 『不夜城』
第18回吉川英治文学新人賞 (1997) 『不夜城』
第51回日本推理作家協会賞長篇部門 (1998) 『鎮魂歌-不夜城II』
第1回大藪春彦賞 (1999) 『漂流街』
引用元: 馳星周 – Wikipedia

日系ブラジル人マーリオ。反対する祖父を殴り倒して出稼ぎにきた日本。たどりついてみれば、苛酷な労働、安い賃金。ただれた日々。ヤクザがらみの風俗の下働きの中でつかんだ金とヤク! 怒りと野望の暗黒小説!
引用元: 漂流街 | 徳間書店

大藪春彦賞(おおやぶはるひこしょう)は、大藪春彦賞選考委員会が主催し、徳間書店が後援する大藪春彦を記念した文学賞。ハードボイルド小説・冒険小説に分類される小説に与えられる。賞金は500万円。略称は「大藪賞」。
>第1回(1999年)
受賞作:馳星周『漂流街』
>第2回(2000年)
受賞作:福井晴敏『亡国のイージス』
引用元: 大藪春彦賞 – Wikipedia


第18回吉川英治文学新人賞を
受賞した、作家・馳星周の デビュー作は?
→不夜城