「ホルホグ」モンゴルの伝統的料理 壺や缶に焼いた石を入れて調理

095NYXXoRsSYX
羊肉の塊を野菜や香辛料とともに
大きな缶に入れ、焼いた石を詰め
石焼きにしたモンゴルの伝統的な
料理は?
ホーモオグ
トルゴマン
ホルホグ(答)

面白い名前ですね。
焼いた石を放って(ほって)肉をほぐして食べるイメージで「ホルホグ」

ホルホグ(モンゴル語:Хорхог、行宮焼)は、モンゴルの伝統料理の一つ。
羊肉の塊を野菜、塩、香辛料とともに大きな缶に入れ、さらに焼けた石とを交互に詰めて石焼き(蒸し焼きともいえる)としたもの。
新鮮な羊肉を使う場合は臭みが少ないため、臭み消しには野菜(タマネギやニンジン等)で事足りる。そのため香辛料を使わないこともある。
現地モンゴルでは、牛乳缶(日本で使われるものとほぼ同じ)などが調理器具としてよく用いられる。現地の標高は1300メートル前後あるため、十分に熱が行き渡るよう蓋に圧を掛けて(密閉ではない)調理することが多い。加熱を補助するため、熾き火の上に置く場合もある。
引用元: ホルホグ – Wikipedia.

ホルホグ
ホルホグは、 キャンプと屋外の活動において非常に人気があるモンゴルの伝統的な肉料理です。ホルホグ料理を作るの多くの楽しくそして、 友好の始まりを作ります。
>行うプロセスは、単純です。たくさんのシチューを作るまでしっかりと閉じられましたアルミニウムのツボで 大きく切った肉を熱い石で料理します。 肉が、熱い石によって中から料理されます。料理がされるとき、石は、最初に取り出されます。
img_CjtYxzWgL
引用元: モンゴルの食べもの – MAST(マスト)イチイ吉祥寺店賃貸情報.