イタリア「ゴルゴンゾーラ」イギリス「スティルトン」フランス「ロックフォールチーズ」「カマンベールチーズ」オランダ「エダムチーズ」ジュラ山脈モンドール渓谷「バシュラン・モンドール」

032FSzHyML
世界三大チーズのうち
ゴルゴンゾーラは
どこの国のチーズ
スイス
イギリス 「スティルトン」
オランダ
イタリア(答)「ゴルゴンゾーラ」
フランス 「ロックフォール」
52%

126SalthmsfHh
次のうち、フランスの
チーズを1つ選びなさい
モッツァレラチーズ イタリア フレッシュ
ゴルゴンゾーラチーズ イタリア 青カビ
ゴーダチーズ オランダ セミハード
ロックフォールチーズ(答) フランス 青カビ
カマンベールチーズ(答) フランス 白カビ
グリュイエールチーズ スイス ハード

チーズ関連を復習します。

462RerZqkgxrL
赤いワックスが特徴の
このチーズは?
チェダー
エメンタール
カマンベール
エダム(答)

CIMG6587AptVOXjIZcYb
ジェラ山脈のモンドール渓谷で
造られ、冬季限定で販売される
ウォッシュタイプのチーズは
○○○○○モンドール?
ンエスポド
ラシュバワ
バシュラン(答)
「バシュラン・モンドール」

CIMG1500zeGFAxKqJnKE
次のチーズと
そのタイプによる分類の
正しい組み合わせを選びなさい
モッツァレッラ───フレッシュタイプ
リヴァロ───ウォッシュタイプ
ゴルゴンゾーラ───青カビタイプ
ブリー・ド・モー───白カビタイプ

CIMG1572WBgMcjjhtRGd
次のチーズのうち
白カビタイプのものを
全て選びなさい
スティルトン ブルーチーズ
ゴーダ セミハード
ブリー・ド・モー(答)白カビ
カマンベール(答)白カビ
サンタンドレ(答)白カビ
ルブロション セミハード

ブルーチーズ(英語:blue cheese、フランス語:bleu)は、牛乳もしくは羊乳をもとに作られるチーズの一種であり、アオカビ(青黴)によって熟成を行うナチュラルチーズ。語源は青を表すフランク語の blao という説と[1]、凝固させるという意味のプロヴァンス語 broussa という説がある[2]。
用いられるアオカビはブルーチーズの種類ごとにそれぞれ異なる。
>ブルーチーズには数多くの種類が存在するが、代表的なものはフランスのロックフォール、イタリアのゴルゴンゾーラ、イングランドのスティルトンであり、これらを日本では俗に「世界三大ブルーチーズ」と呼ぶこともある。 このうち、ロックフォールは羊乳を原料としている。
引用元:ブルーチーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA

ヴァシュラン・モン・ドール(Vacherin Mont d’Or)もしくはモン・ドール(Mont d’Or)は、フランスおよびスイスの伝統的なチーズである。毎年8月15日から翌年の3月15日までの期間限定で生産され、9月10日から翌年5月10日まで販売される季節のチーズである。フランスとスイスの国境付近、ジュラ山脈の周辺で手作業で生産されており、この場所にある山が名称(Mont d’Or =「金の山」)の由来となっている。
引用元: ヴァシュラン・モン・ドール – Wikipedia.

「フレッシュタイプ」とは、熟成させないチーズのこと。乳に乳酸菌や酵素を加えて固めて、水分をとると白い固まりができます。これがフレッシュチーズです。このタイプは他のチーズと比べて水分が多く、粒状あるいはペースト状をしており、軽い酸味とさわやかな風味が特長です。そのまま食べられる、くせのないチーズです。なお、新しいものほどおいしいので、開封したらなるべく早くお召し上がりください。
フレッシュタイプのチーズ
引用元: フレッシュタイプ – チーズの種類 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社.

「ウォッシュタイプ」とは、外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させたチーズのこと。チーズの表面についている菌で熟成させるもので、これらの菌は分解力が強 く、匂いが強烈なため、熟成中は数日ごとに表面を塩水やワイン、ビール、ブランデーなどその土地の酒で洗います。中は非常にマイルドなチーズですが、匂い が強いものが多いため、通向きのチーズと言えるでしょう。なお、製造後(輸入年月日から)4~8週間ぐらいが食べ頃です。夏は若めのもの、秋・冬は完熟したものがおいしいと言われています。
ウォッシュタイプのチーズ
引用元: ウォッシュタイプ – チーズの種類 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社.

「白カビタイプ」とは、表面が白いカビでおおわれているチーズのこと。白カビを表面に繁殖させて熟成させます。 切断した内部はクリーム色で、熟成が進むにつれて表皮に赤茶色の斑点が出てきて、中身がやわらかくなり、とろりと流れ出すほどになります。なお、チーズの中で、一番「食べ頃が大切」と言われているタイプです。
白カビタイプのチーズ
引用元: 白カビタイプ – チーズの種類 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社.

白カビと同じくカビを使うタイプですが、このタイプはチーズの中の方から熟成していきます。作り方は、青カビは空気が必要なので、固めて水を切った乳 (カード)に青カビをまぶしてからチーズの形を作ります。こうするとチーズの内部に不定型な隙間ができて、青カビはその隙間にそって繁殖するので、切り口 はちょうど大理石のような模様になります。
青カビタイプのチーズ(ブルーチーズ)は風味が強烈で味も濃厚、かなり塩味が強いのが特長です。
青カビタイプのチーズ
引用元: 青カビタイプ(ブルーチーズ) – チーズの種類 | チーズ辞典 | チーズクラブ | 雪印メグミルク株式会社.