「テスタロッサ」赤い頭 フェラーリのスポーツカー 「モンディアル」世界 ランボルギーニ「カウンタック」「ムルシエラゴ」コウモリ 「ミッレミリア」イタリアのクラシックカーレース 「カロッツェリア」イタリアの実験的車体工房

184bglHHEtWZu
イタリア語で「赤い頭」という
意味がある、かつてフェラーリが
生産していたスポーツカーは?
ムンンエール
テルデロッゴ
カウシタアク
テスタロッサ(答)
Ferrari Testarossa

フェラーリは「テスタロッサ(赤い頭)」「モンディアル(世界)」
ランボルギーニは「カウンタック(感動詞)」「ムルシエラゴ(コウモリ)」

CIMG2296
イタリア語で「世界」という
意味がある、かつてフェラーリが
生産していたスポーツカーは?
テルシィーゴ
カウンタック
ムンデェラル
モンディアル(答)

034PlqonsqDQq
毎年5月に行われ多くの観光客を
集める、イタリア・ブレッシアを
舞台にクラシックカーが公道を
走る華やかなレースイベントは?
レーストンス
ミッテミステ
アントカウタ
ミッレミリア(答)
Mille Miglia

CIMG1190BnVMaEaOVKwB
アイス・
インペリアル
ラ・ストラーダ
ミッレミリア
ボヴェ
ジェラルドジェンタ
ショパール(答)
グラハム

CIMG2280
イタリアで、ボディを中心に
実験的な自動車を制作する工房を
「◯◯◯◯◯◯◯」と呼ぶ?
◯を答えなさい
カロッツェリア

フェラーリ・テスタロッサ(Ferrari Testarossa )は、フェラーリが製造していたスポーツカーである。テスタロッサはイタリア語で「赤い頭」を意味する。これはエンジンのカムカバーが赤く塗られているところから名付けられた。
引用元: フェラーリ・テスタロッサ – Wikipedia.

フェラーリ・モンディアル8、フェラーリ・モンディアル3.2、フェラーリ・モンディアルTはいずれもイタリアのスポーツカーメーカー・フェラーリが生産した2+2(4座)のグラントゥーリスモである。
>「モンディアル」 ( Mondial ) とは「世界 / 世界の」という意味で、アルベルト・アスカリによる、F1ワールドチャンピオン獲得を記念して付けられた同社のレーシングカーである、500 モンディアル ( 500 Mondial ) 以来の車名となる。
引用元: フェラーリ・モンディアル – Wikipedia.

カウンタック(Countach [1])はイタリアのランボルギーニが製造していた自動車(スーパーカー)である。
>いわゆるスーパーカーを代表する自動車であり、同時にスーパーカーといえば同車を連想する人も多い。1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、文字通り世界中に驚きを与えた(当時はランチア・ストラトスのショーカーなど似たようなアプローチの車種がいくつか登場している)。デザインテーマはプロペラの“ねじれ”。販売車種では珍しく特殊なエアインテーク機構やターボなしで400馬力を超えるV型12気筒5,000cc前後のモンスターエンジンを搭載するなどコンセプト、デザイン、システムすべての点において異彩を放ち、1970年代後半から1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役となった。
引用元: ランボルギーニ・カウンタック – Wikipedia.

この車の車名「カウンタック(Countach)」は、ランボルギーニ社があったイタリア・ピエモンテ州の方言で、「驚き」を表す感動詞(つまり日本で言う「びっくらこいた!」などの方言)から来ているといわれる。確かに、車名の通り、カウンタックが発表された時に、そのデザインは大反響を呼んでいた。
 なお、この「カウンタック」という発音は、日本では定着しているのだが、日本でのみ使われている発音である。(日本語なんだから当たり前。でも、原語とまったく違う。)原語に近い発音は「クンタッチ」だ。つまり、アメリカとかイギリスとかで「カウンタック」って言っても通じない、ということを注意しないといけない。
引用元: CAR特集「ランボルギーニ カウンタック」:カウンタックという名前.

ムルシエラゴ(Murciélago )は、イタリアの自動車メーカーランボルギーニが2001年から2010年にかけて製造したスーパーカー。「ムルシエラゴ」はスペイン語で「コウモリ」の意味。イタリア語での発音は「ムルチェラゴ」に近い。
引用元: ランボルギーニ・ムルシエラゴ – Wikipedia.