「夕暮れ族」『夕暮れまで』吉行淳之介の小説 「斜陽族」「太陽族」「よろめき族」「みゆき族」「夕暮れ族」「竹の子族」「くれない族」「たそがれ族」

043ABYyrCoNKM
1979年頃に「夕暮族」という
流行語を生んだ吉行淳之介の
小説は『夕暮まで』である
◯(答)


1979年頃に「夕暮族」という
流行語を生んだ吉行淳之介の
小説は『夕暮にて』である
×(答)
◯『夕暮れまで』

下記「◯◯族」もまとめて覚えちゃいましょう


次の流行語を
時代が古い順に選びなさい
よろめき族
夕暮れ族
たそがれ族
41%

CIMG0007RGwAbPCNlvsF
次の流行語を
時代が古い順に選びなさい
斜陽族 1948ごろ『斜陽』太宰治
太陽族 1956ごろ『太陽の季節』石原慎太郎
よろめき族 1957ごろ『美徳のよろめき』三島由紀夫
みゆき族 1964ごろ「銀座のみゆき通り」
夕暮れ族 1978ごろ『夕暮れまで』
竹の子族 1980ごろ「ブティック・竹の子」由来?
くれない族 1984ごろドラマ『くれない族の反乱』
たそがれ族 1988ごろ?

「したいよみゆき、夕暮れに子どもつくれた」

CIMG2861
次の戦後の流行語「◯◯族」を
流行したのが古い順に選びなさい
(画像選択肢)
太陽族 1956ごろ『太陽の季節』
雷族 1959ごろ「若者のたちのオートバイの爆音爆走」
竹の子族 1980ごろ「原宿の歩行者天国」
オタク族 1985ごろ?

CIMG8904dEHWbiGHANYd
1964年に東京の銀座に登場した
白いブラウスにロングスカート
などが特徴の若者たちの総称は
◯◯◯族?
さゆり
ゆなえ
あかね
みゆき(答)
「みゆき族」

『夕暮まで』(ゆうぐれまで)は、吉行淳之介の連作中編小説。また、それを原作とした1980年公開の日本映画。
>1978年に新潮社より刊行され、野間文芸賞を受賞した。1965年以来発表された短編を集めたもので、「公園にて」、「網目のなか」(『新潮』1971年11月)、「傷」(『群像』1976年10月)、「血」(『新潮』1977年7月)、「すでにそこにある黒」(『海』1977年12月)、「夕暮まで」(『新潮』1978年5月)からなる。
>杉子という若い女性と主人公の男との交渉を描いたものだが、杉子は性行為をしながら最後の一線を許さず、オリーブオイルを塗った「すまた」で終わらせる。この設定が話題となり中年男性と若い女性の愛人カップルを指して「夕暮れ族」という流行語を生んだ。
引用元: 夕暮まで – Wikipedia.

ユウグレマデ
夕暮まで
吉行淳之介/著
自分の人生と“処女”の扱いに戸惑う22歳の杉子に対して、中年男の佐々の怖れと好奇心が揺れる。二人の奇妙な肉体関係を描き出す。
引用元: 吉行淳之介『夕暮まで』|新潮社.

吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 – 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。代表作に『驟雨』『砂の上の植物群』など。対談やエッセイの名手としても知られた。
>岡山県岡山市に父・吉行エイスケ(モダニズムの詩人)、母・あぐり(美容師)の長男として生まれ、東京麹町に育った。同じ町内には内田百閒がいた。
>1952年『原色の街』が芥川賞候補になるが落選。その後『谷間』、『ある脱出』で候補に上るが、いずれも落選した。『谷間』発表後、肺に結核による空洞が見つかり会社を休職、翌年に退社した。清瀬病院で肺切除の手術を受けて療養中、1954年『驟雨』で第31回芥川賞を受賞し、収入の手段が他にないので、受賞を機に作家生活に入った。当時、淳之介と同世代の作家の遠藤周作、安岡章太郎、三浦朱門、近藤啓太郎らは「第三の新人」と呼ばれた。
引用元: 吉行淳之介 – Wikipedia.

「族」から「系」へ
難波功士
戦後日本社会に登場したユース・サブカル
チャーズ(以下 YS と略記)について概観し、そ
の変遷の意味を探っておきたい。
引用元: HOME|社会学部・社会学研究科 HOME|第98号.

クリックして5289_44305_ref.pdfにアクセス