『田口・白鳥シリーズ』田中公平 白鳥圭輔

040LvaROrmIob
海堂尊の小説
『田口・白鳥シリーズ』で
田口のフルネームは田口◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
こうへい(答)
「田口公平」

ですが、
白鳥のフルネームは白鳥◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
けいすけ(答)
「白鳥圭輔」

全然無関係ですが、「田中公平」さんは作曲家、「白鳥健太郎」さんは『バロム・1』


次の海堂尊の小説を原作とする
フジテレビのTVドラマを
放送開始が早い順に選びなさい
『チーム・バチスタの栄光』
『ジェネラル・ルージュの凱旋』
『アリアドネの弾丸』


ギリシャ神話
クレタ王ミノスの剣 
ダイダロスの迷宮を脱出 
困難を脱出するときの導き役
アリアドネの糸(答)

『田口・白鳥シリーズ』(たぐち・しらとりシリーズ)は、宝島社から刊行されている海堂尊のミステリー小説のシリーズの総称。
>著者の作品で登場する架空の市・桜宮市の「東城大学医学部付属病院」を主な舞台に、不定愁訴外来の講師・田口公平と厚生労働省大臣官房秘書課付技官の役職に就く役人・白鳥圭輔の活躍を描いた著者のデビュー作『チーム・バチスタの栄光』から連なるシリーズであり「チーム・バチスタシリーズ」とも言われる(とりわけKTV制作分)。
『ジェネラル・ルージュの凱旋』までの基本的な話の流れは、田口が事件や大きな出来事に関わっていき、中盤以降に白鳥が登場してから解決に向けて展開するという構成となっている。それぞれの作品のタイトルは作品のメインキャラやキーパーソンを指した言葉が冠せられている。
引用元: 田口・白鳥シリーズ – Wikipedia.

海堂 尊(かいどう たける、本名非公開、1961年 – )は日本の作家、医師、博士(医学)(千葉大学)。外科医、病理医を経て、現在は独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センターAi情報研究推進室室長[1]。
>千葉県千葉市出身。千葉県立千葉高等学校卒業後、千葉大学医学部医学科卒業、1997年に千葉大学大学院医学研究科博士課程修了、博士号取得。学位論文は「血液系細胞株K562におけるTPA誘導CD30抑制機構の解析」。
2005年に『チーム・バチスタの崩壊』で、第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞。2006年『チーム・バチスタの栄光』と改題して出版される。2006年「週刊文春ミステリーベスト10」第3位。
引用元: 海堂尊 – Wikipedia.

東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。
ところが原因不明の連続術中死が発生。
高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。
医療過誤死か殺人か。
田口の聞き取り調査が始まった。
第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテインメントが待望の文庫化。
引用元: BookWebPro 和書検索.

2005年、医師として働く傍ら書いた「チーム・バチスタの崩壊」で第4回このミステリーがすごい!大賞を受賞、『チーム・バチスタの栄光』と改題の上出版されデビュー。本作が映画化・テレビドラマ化されベストセラーとなるとともに、その後も立て続けに作品を送り出し人気作家となる。
>作品リスト(小説のみ)
チーム・バチスタの栄光 (2006年、宝島社)
ナイチンゲールの沈黙 (2006年、宝島社)
螺鈿迷宮 (2006年、角川書店)
ジェネラル・ルージュの凱旋 (2007年、宝島社)
ブラックペアン1988 (2007年、講談社)
夢見る黄金地球儀 (2007年、東京創元社)
医学のたまご (2008年、理論社)
ジーン・ワルツ (2008年、新潮社)
ひかりの剣 (2008年、文藝春秋)
イノセント・ゲリラの祝祭 (2008年、宝島社)
引用元: 海堂尊とは (カイドウタケルとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.