「オリガ」「マーシャ」「イリーナ」チェーホフ『三人姉妹』 「佐々本」姉妹『三姉妹探偵団』赤川次郎

011MiknbKVIYE
次のうち、チェーホフの作品
『三人姉妹』に登場する
三人姉妹を全て選びなさい
オリガ(答)
マーシャ(答)
ゴネリル
イリーナ(答)

CIMG2000mEMSeHDxdfPJ
赤川次郎の推理小説
『三姉妹探偵団』シリーズに
登場する三姉妹の苗字は?
大々寺
小谷本
長早木
佐々本(答)

『三人姉妹』(さんにんしまい、露:Три сестры)は、ロシアの作家アントン・チェーホフによる戯曲。1900年に執筆され、スタニスラフスキーの演出で1901年にモスクワ芸術座にて初演、大成功をおさめる。田舎町に赴任した軍人一家の三姉妹を主人公に、ロシア革命前の帝政ロシア末期の知識階級の閉塞感を描いた物語。
『かもめ』、『ワーニャ伯父さん』、『桜の園』とともに「チェーホフ四大戯曲」と呼ばれる。
>独身で教師の長女オルガ、夫に幻滅を感じ結婚生活に不満を抱える次女マーシャ、人生を歩み始めたばかりの三女イリーナも現実の厳しさを知り、行く末を決めかねている。高級軍人の一家として過ごした華やかな生活も、父親を亡くしてからはすっかり寂れてしまった。厳格な父親のもと身につけた教養も低俗な田舎町では無用の長物と化し、一家の期待の星であった長男アンドレイも父親の死後はぱっとせず、姉妹が軽蔑する土地の娘と結婚して尻に敷かれている。姉妹の唯一の希望は、昔暮らしたモスクワへ帰ること。一家が最も輝いていたモスクワ時代を理想化し、夢想することだけが現実の不安を吹き払ってくれる支えになっていた。
引用元: 三人姉妹 – Wikipedia.

チェーホフ,アントン・パーヴロヴィチ 安達紀子【訳】
群像社
2004/07/06出版
世の中の波から取り残された田舎街で、生まれ故郷の首都モスクワでの在りし日の華やかな生活を夢見つつ暮らす三人姉妹。
日々の生活が一挙に好転することもなく、劇的な生活の変化もなく、現実に封じ込められてバラ色の幸せからは遠ざかるばかりの姉妹。
絶望の一歩手前で永遠に立ち尽くす現代人の心を深く貫いて今も生きる名戯曲。
引用元: BookWebPro 和書検索.