棺姫(ひつぎ)の「チャイカ」 榊一郎のライトノベル 富士見ファンタジア文庫 「フェルビースト」ベルギーのイエズス会宣教師「南懐仁」

085HTpRmldAgH
フェルビスト大陸を放浪する
トール・アキュラを主人公とする
榊一郎のライトノベルは
『棺姫の◯◯◯◯』?
タカチーイ
ャェサバフ
チャイカ(答)
『棺姫のチャイカ』ひつぎのチャイカ

CIMG8537luS6LOB4q6VC
中国名を「南懐仁」という
ベルギー出身のイエズス会宣教師
フェルビースト(答)


イエズス会の宣教師
「烏児干伴天連」
織田信長の信任を受ける
京都に南蛮寺を建てる
→オルガンティーノ

連想
17世紀イエズス会の宣教師
『皇輿全覧図』を製作
清の康熙帝に仕えたフランス人
中国名は雷孝思
→レジス


来日したイエズス会宣教師たちが本部に布教報告をした書簡を何という?
→耶蘇会士日本通信

CIMG6236
次のイエズス会宣教師のうち
ポルトガル人を全て選びなさい
ルイス・フロイス(答)
ガスパル・ヴィレラ(答)
マテオ・リッチ イタリア
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ イタリア
フランシスコ・ザビエル スペイン・ナバラ国

rktOPeYNCJop
「キリスト教教義」という意味が
ある、日本へ布教に訪れた
イエズス会宣教師の教理問答集を
◯◯◯◯・キリシタンという?
ドチリナ(答)
Doctrina Cristão

棺姫のチャイカI
著者:榊一郎 イラスト:なまにくATK
>棺を担ぐ少女との出遭いが、俺と世界を変える——

「働いたら負け」とうそぶくトールは生きる目的を失っていた。目下フェルビスト大陸を義妹アカリと放浪中だが、食い詰めてアカリに罵られ山中で食料を探すことに。そこでトールは棺を担ぐ不思議な少女と出遭う——。
引用元: 棺姫のチャイカI | 富士見書房.

『棺姫のチャイカ』(ひつぎのチャイカ)は、榊一郎による日本のライトノベル。イラストはなまにくATKが担当している。レーベルは富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA 富士見書房)。コミック版は、『月刊少年エース』『エイジプレミアム』にて連載中のもの、および『4コマnanoエース』にて連載されていたものの3つがある。2013年7月にアニメ化が発表され、2014年4月から6月まで第1期が、同年10月から12月まで第2期が放送された。
>主要人物[編集]
トール・アキュラ
声 – 間島淳司、寺崎裕香(子供時代)
本作の主人公。黒髪、黒瞳を持つ20歳の青年。かつての戦争で活躍した特殊な兵種・乱破師(サバター)の1人だが、初陣前に終戦したために存在意義を失い、デルソラントの街で働きもせずごろごろして過ごす生活を送っていたところ、不思議な少女・チャイカと出遭い、再び生きる意味を見つけることになる。その後はチャイカと妹のアカリ、そして後に仲間に加わったフレドリカと共に、チャイカの目的を叶える(手伝う)旅に出る。
引用元: 棺姫のチャイカ – Wikipedia.

フェルディナント・フェルビースト(Ferdinand Verbiest, 1623年10月9日 – 1688年1月28日)は、フランドル出身のイエズス会宣教師。清代の中国を訪れ、康熙帝に仕えながら布教活動を行った。漢名は南懐仁(簡体字表記では南怀仁)。字は勛卿または敦伯。
ヨーロッパの天文学、地理学など科学技術を中国に紹介、また中国の習慣を身につけて中国語で書物を著し、日本を含め近世初期の中国および周辺諸国の科学技術に大きな影響を与えた。
引用元: フェルディナント・フェルビースト – Wikipedia.