1シーズン最多犠打 67「宮本慎也」セ・リーグ 62「今宮健太」パ・リーグ 通算1位533「川相昌弘」

069pweeYOpVek
070BScDfRBoIR
プロ野球、セ・リーグにおける
1シーズン最多犠打の
記録保持者は宮本慎也ですが

パ・リーグにおける1シーズン
最多犠打の記録を2013年に
更新したのは◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
いまみやけんた
「今宮健太」

今宮 健太(いまみや けんた、1991年7月15日 – )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(内野手)。
>2013年は、正遊撃手として142試合に先発出場した。7月14日のオリックス戦ではサヨナラヒットを放った。9月25日のオリックス戦で9回1死1塁の場面で投犠打を決める。これがシーズン59個目の犠打となり、2007年に田中賢介が記録したパ・リーグ記録のシーズン58犠打を6年振りに更新。最終的には62まで記録を伸ばした。下位を任されていた7月までは打率.235だったが、8月に入り二番打者に定着し、8月は月間打率.362をマークするなど打撃面でも大きな成長を見せた[5]。シーズン後には自身初のゴールデングラブ賞を受賞した[6]。11月には台湾での2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイの日本代表に選出される。
引用元: 今宮健太 – Wikipedia.

犠牲バント(ぎせいバント)とは、野球で、打者がアウトになる代わりに、走者を進塁させることを目的としたバントのことである。公認野球規則10.08により定められている。英語ではSacrifice buntという。
走者を次塁に「送る」ことから送りバントとも呼ばれる。また、三塁走者を本塁に生還させる犠牲バントは特にスクイズプレイと呼ばれる。
>無死一塁から送りバントをした場合と、しない場合の得点期待値を比較すると、バントをしない場合の得点期待値の方が高いことが複数のデータの分析から明らかになっている[3]。
統計学的な分析によってメジャーリーグでは犠牲バントの有効性が疑問視されており、「新思考派」と呼ばれるセイバーメトリクスに重きを置いた戦術を取るチームでは犠牲バントの数が大幅に減少している。
>対照的に日本では犠牲バントが広く用いられており、2005年の時点で比較した場合、プロ野球とメジャーリーグではバントの頻度において倍近い差があることがわかっている[5]。
引用元: 犠牲バント – Wikipedia.