「ニコ・ヒュルケンベルグ」2015年ル・マン」24時間耐久で総合優勝 「十勝24時間耐久レース」かつて国内唯一の24時間耐久レース 「レナウン」1991「ル・マン24時間」マツダのスポンサー

349JPvSgbI
2015年ル・マン24時間レースで
総合優勝を果たした
現役F1レーサーは?
マーク・ウェバー
ニコ・ヒュルケンベルグ(答)
セバスチャン・ブエミ
ロマン・グロージャン

CIMG8728woJZTnvWRrOS
2008年まで北海道で開催された
国内唯一の24時間耐久レースは
「◯◯24時間レース」?
○の漢字をひらがなで答えなさい
とかち(答)
「十勝24時間レース」

012YcvKviiHBL
1991年にル・マン24時間レースを
制したマツダのメインスポンサー
だった企業はワコールである
×
◯レナウン

ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、仏:24 heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。主催はフランス西部自動車クラブ(ACO)。ル・マン24時間耐久レースと記されることもある。
日本で「ル・マン24時間」というと、通常は一年の内で最も昼の長い毎年6月の初めから中頃に開催される自動車による耐久レースのことを指すが、現地では毎年、オートバイによる24時間耐久レースも開催されている。本項では自動車による24時間レースについて解説する[注釈 1]。
ル・マン24時間レース – Wikipedia

ル・マン24時間レース歴代優勝者では、フランスのル・マンで毎年行われているル・マン24時間レースの歴代優勝者について述べる。
ル・マン24時間歴代勝者 – Wikipedia

【6月15日 AFP】第83回ル・マン24時間耐久レース(Le Mans 24-hour race 2015)は13日~14日に決勝が行われ、F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグ(Nico Hulkenberg)率いるポルシェ(Porsche)が17年ぶりの優勝を飾った。
> 4度の中断を挟んだレースで、コ・ドライバーのアール・バンバー(Earl Bamber)、ニック・タンディ(Nick Tandy)と共に1位に輝いたヒュルケンベルグは、「ポルシェ919ハイブリッド(Porsche 919 Hybrid)」で395周を走行した。

 フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)では通算83レースに参戦している27歳のヒュルケンベルグは、興奮した様子で「正確な表現を選ぶのが難しいが、キャリア最高、いや人生で最高の一日になった」と語った。
ヒュルケンベルグ擁するポルシェが17年ぶりの優勝、ル・マン24時間 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

十勝24時間レース(とかちにじゅうよじかんレース)とは、かつて十勝スピードウェイ(旧:十勝インターナショナルスピードウェイ)にて開催されていた24時間耐久の自動車レースである。
十勝24時間レース – Wikipedia

翌年の再挑戦を期したが、問題が残っていた。レギュレーションが変更され、1991年からは3.5リッターのレシプロエンジンしか使用できなくなることになっていたのだ。多くのチームで開発が間に合わず、旧規定と新規定のマシンが混走することが1990年の終わりになって決定した。ひと安心したが、ロータリーエンジンで挑戦できるのは、間違いなく最後となる。改良を加えた787Bで、ル・マンに最後の戦いを挑む。
>「多くの自動車会社が諦めて去って行った中で、マツダだけが執念を持ち続けていたロータリーエンジンによって、1923年以来、レシプロエンジンだけのル・マンの歴史の中に新しい歴史を創った。これは単なるレースの勝利とは異なった大きな意義を持つ」 勝利の報に接して、ロータリーエンジンの生みの親ともいうべき山本健一氏が記した万感の思いである。
引用元: ル・マン――マツダの孤独な戦い(1991年)| よくわかる自動車歴史館 | GAZOO.com.

ル・マン 24時間レース(ル・マンにじゅうよじかんレース、仏:24 heures du Mans )は、フランスのル・マン近郊で行われる耐久レースである。24時間でのサーキット周回数を競う。主催はフランス西部自動車クラブ(ACO)。ル・マン24時間耐久レースと記されることもある。
日本で「ル・マン24時間」というと、通常は一年の内で最も昼の長い毎年6月の初めから中頃に開催される自動車による耐久レースのことを指すが、現地では毎年、オートバイによる24時間耐久レースも開催されている。本項では自動車による24時間レースについて解説する[1]。
>このとき優勝した55号車に施されていたレナウン・チャージカラーの塗装は、スポンサーであったレナウンの当時の社長がルマン以前のマツダの戦いを目にし「こりゃ勝つのは無理だ。じゃあとにかく目立て」と指示を出し、レナウンの社内デザイナーが布地のアーガイル柄をベースに考案したものである。
この年を最後に事実上ロータリー車が締め出されるため、当初1991年を以てル・マンを撤退する予定であったが、優勝したために急遽レシプロエンジンの車両であるマツダ・MX-R01を開発し、1992年にディフェンディングチャンピオンとして参戦、総合4位に入賞するが、マツダの業績悪化に伴い、この年を最後に撤退した。
引用元: ル・マン24時間レース – Wikipedia.

1984年トムスとの共同で「童夢・84C/トヨタ」を開発。ワコールがスポンサーになり、同年のWEC-JAPANで国産車最上位となる7位入賞。翌1985年、全日本耐久開幕戦鈴鹿500kmで国産C1カー初優勝を遂げる。同年、進化版85Cでル・マン参戦、トヨタの事実上初のル・マン参戦となる(同型のトムス85Cが12位で完走)。
引用元: 童夢 (自動車会社) – Wikipedia.