「ヘイティキ」hei-tiki「マオリ族の胸飾り」 「ネエシュジャア」Na’ushjaa?「ナバホ族神話に登場する賢者フクロウ」 「シェリダン」「良いインディアンは死んだインディアンの事だ」 「テカムセの呪い」大統領が在職中に死亡している呪い 「ビリー・ゴートの呪い」シカゴ・カブス「リグレー・フィールド」 

011KSxEhKTvnD
子宮にいる退治をかたどったもの
とされる、ニュージーランドの
原住民・マオリ族がヒスイを彫刻
して作る胸飾りを何という?
ィヘキテイ
ヘイティキ(答)
hei-tiki

CIMG0310oOMQvIDLGQvV
初期の人類が男女別居の状態に
陥った時、両者の調停に尽力した
という、ナヴァホ族の創世神話に
登場する知恵者のフクロウは?
ャュアネジエシ
ネエシュジャア(答)
Na’ushjaa?
Nasjah?

CIMG6142
「よいインディアンとは、
死んだインディアンの事だ」と
いう言葉を残した、南北戦争で
活躍したアメリカの軍人は?
キョリソン
フェイッド
シャムダム
シェリダン(答)
Philip Henry Sheridan

CIMG6962ptRXAeszg0eI
W・ハリソンからケネディまで
20年ごとに選出されたアメリカ
大統領が全て在職中に死去して
いることを「何の呪い」という?
ハロムゴヤ
セテスヘカ
テカムセ(答)
「テカムセの呪い」

MrRXIplqbxSi4
ワールドシリーズに進出できない
「ビリー・ゴートの呪い」で
知られる大リーグの球団は?
ボルチモア・オリオールズ
テキサス・レンジャーズ
ヒューストン・アストロズ
シカゴ・カブス(答)

025nfRbSGWtpu
1914年4月23日オープン
収容人数は約39,000人
蔦で覆われた外野のフェンスが名物
シカゴ・カブスの本拠地
コメリカ・パーク
リグレー・フィールド(答)
クアーズ・フィールド
フェンウェイ・パーク

The hei-tiki /haɪˈtiːkiː/ is an ornamental pendant of the Māori which is worn around the neck. Hei-tiki are usually made of pounamu which is greenstone, and are considered a taonga (treasure). They are commonly referred to as tiki, a term that actually refers to large human figures carved in wood, and, also, the small wooden carvings used to mark sacred places. Tourist versions are commonly found throughout New Zealand – these can be made from jade, other types of stone, plastic, or other materials.
引用元: Hei-tiki – Wikipedia, the free encyclopedia.

マオリをはじめとするポリネシア文化圏で見られる人をモチーフとした彫刻。ネックレスに通して首飾りとして装身される事が一般的。
 
ポリネシア文化圏で彫刻を指す一般名詞。
一般的な彫刻材のひとつはネフライト。

ティキ神話に於いて、ティキ(ヘイティキ)とはターネイ(ポリネシアの神の1人で、人間の創造主)によって創造された最初の人間を指す。
引用元: 宝石・鉱物小事典/ヘイティキ, hei-tiki.

ナバホぞく【ナバホ族 Navajo】

北アメリカ南西部,現在のアメリカ合衆国アリゾナ州北東部とニューメキシコ州北西部を中心に広がる保留地に居住するアメリカ・インディアン。言語学的にはアサバスカ(ナ・デネ)系言語を話す。もともとカナダ北西部の北方森林地帯に居住した遊動的な採集狩猟民であったが,アパッチ諸族の祖先とともにロッキー山脈東麓沿いに南下し,今から約1000年前に南西部に達した。先住民族のプエブロ諸族や,後にスペイン人,メキシコ人,アメリカ人と接触し,農耕,牧畜,金属加工,機織などの技術を採り入れた。
引用元: ナバホ族(ナバホぞく)とは – コトバンク.

ナバホ族創世神話の中のナドレ : 宇宙観とジェンダー研究序説 藤崎康彦
>…この後フクロウが姿を現し、分離を続けていては子孫ができないことを諭し、対岸では女たちが飢えて苦しみ、男たちを恋しがっていると伝える。「最初の男」を説得し女と再会するようにフクロウは言って去った。…
引用元: JAIRO | ナバホ族創世神話の中のナドレ : 宇宙観とジェンダー研究序説.

How do you say owl in Navajo?
>Na’ushjaa.
引用元: How do you say owl in Navajo.

NAVAJO CREATION MYTH
>…The people now asked: “What shall we have to cover the door?” Begochiddy replied: “Go ask Nasjah-hasteen, your grandfather, the Owl, and he will tell you.” The Owl said: “Yes, I have white, blue, yellow and black colored robes and you may have as many as you wish, and I also have robes that flash.” And the people chose a flashing robe and put it over the door, borrowing it from the Owl.…
引用元: THE STORY OF THE EMERGENCE.

フィリップ・ヘンリー・シェリダン(Philip Henry Sheridan, 1831年3月6日 – 1888年8月5日)は、アメリカの軍人。その経歴は少将への迅速な昇進と、ユリシーズ・S・グラント大将との緊密な関係で有名であった。南北戦争に北軍の将軍として従軍し、1864年にはシェナンドー渓谷の戦いで大きな功績を挙げた。1865年にはその部隊がロバート・E・リー将軍を追撃し、アポマトックスでの降伏に貢献した。
シェリダンはまた、軍在籍時および退役後にイエローストーン国立公園の開発、保護に寄与した。アメリカ陸軍のM551 シェリダン空挺戦車はシェリダンにちなんで命名された。
>コマンチ族の一部バンドが降伏した際に酋長から「よいインディアンもいる」と言われて「よいインディアンとは、死んだインディアンの事だ」と返した。以来、この人種差別的言辞はアングロ・サクソン人によって度々使われるようになる。ただし、この発言はジェームズ・M・キャバノー下院議員が最初のものという説もある(en:James M. Cavanaugh)。
引用元: フィリップ・シェリダン – Wikipedia.

テカムセの呪い(テカムセののろい、Tecumseh’s curse)は、第9代アメリカ合衆国大統領ウィリアム・H・ハリソンの肺炎による死去から始まるアメリカ合衆国大統領への一連の出来事の原因とされる呪い。
>この呪いは、部族の領土を白人に奪われ、1811年にティピカヌーの戦いでウィリアム・ハリソンに殺されたインディアン部族、ショーニー族の酋長テカムセ (あるいは予言者であった彼の兄弟テンスクワタワ)によるものとされる。その「呪い」は20年ごとに選ばれる大統領の死を呪ったものといわれる。いくつかの資料では、テカムセが死んだとき彼の母親が呪いをかけたとされるが、確固たる証拠はない。また一連の出来事が「インディアンの呪い」によるものとする明瞭な出所もない。
引用元: テカムセの呪い – Wikipedia.

The name Curse of Tippecanoe (also known as Tecumseh’s Curse, the Presidential Curse, Zero-Year Curse, the Twenty-Year Curse, or the Twenty-Year Presidential Jinx) is used to describe the regular death in office of Presidents of the United States elected or re-elected in years evenly divisible by twenty, from William Henry Harrison (elected in 1840) through John F. Kennedy (1960). Ronald Reagan, elected in 1980, was shot and survived; George W. Bush (2000) survived an attempt on his life unharmed.
引用元: Curse of Tippecanoe – Wikipedia, the free encyclopedia.

リグレー・フィールド(Wrigley Field )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにある野球場。MLBシカゴ・カブスの本拠地球場である。現在の大リーグ全30球団の本拠地球場の中で、フェンウェイ・パーク(マサチューセッツ州ボストン)に次いで2番目に古い球場。
>この球場は「山羊(ヤギ)の呪い(ビリー・ゴートの呪い)」でも知られている。カブスがワールドシリーズ出場を果たした1945年、タイガースを相手に2勝1敗として4戦目を迎えた10月6日のことだった。
地元シカゴのバー、ビリー・ゴート・タバーン(Billy Goat Tavern)のオーナーを勤めるビリー・サイアニス(William “Billy” Sianis, 1900年代初頭 – 1970年10月22日)はカブスのファン。マーフィーという名の山羊を飼っており、いつも一緒に応援に出かけていた。彼はいつもマーフィーの分のチケットまで買うほどだった。しかし、シリーズ4戦目のこの日、カブス関係者が今まで問題にしていなかったマーフィーの入場を拒否した。理由はマーフィーの臭いだった。これに激怒したビリーは「2度とこのリグレー・フィールドでワールドシリーズがプレーされることはないだろう」と言い放って球場を後にした。
>カブスはこの試合から3連敗を喫してワールドチャンピオンを逃すと、それ以降リーグ優勝・ワールドシリーズ出場を果たせないでいる。1972年と1983年にはビリーの甥のサムが再び山羊を連れて球場へ観戦しに行ったのだが、ここでも入場を断られ、直後にカブスがリーグ首位から陥落した。
引用元: リグレー・フィールド – Wikipedia.