「岩政大樹(いわまさだいき)」ファジアーノ岡山 「赤嶺真吾」ガンバ大阪 「安田理大(やすだみちひろ)」ヴィッセル神戸

131VRvrZydbZC
次のサッカー選手と
2015年からの所属クラブの
正しい組み合わせを選びなさい
岩政大樹───ファジアーノ いわまさだいき
赤嶺真吾───ガンバ大阪 あかみねしんご
安田理大───ヴィッセル神戸 やすだみちひろ

岩政 大樹(いわまさ だいき、1982年1月30日 – )は、山口県大島郡[2]周防大島町出身のサッカー選手。ポジションはDF(センターバック)。ファジアーノ岡山FC所属。元日本代表選手。
>2000年、東京学芸大学(教育学部・数学専修[3])に、一般受験で合格。両親が共に教員で、自身も大学入学時はプロサッカー選手ではなく教員を目指しており、在学中に中学校、高等学校の数学の教員免許を取得。
>2015年より、J2のファジアーノ岡山FCに所属。
>年 クラブ 出場 (得点)
2003 FC東京 (特別指定) 0 (0)
2004-2013 鹿島アントラーズ 290 (35)
2014 BECテロサーサナ 37 (3)
2015- ファジアーノ岡山 0 (0)
引用元: 岩政大樹 – Wikipedia.

赤嶺 真吾(あかみね しんご、1983年12月8日 – )は、沖縄県那覇市出身のプロサッカー選手。駒澤大学出身。ポジションはフォワード(FW)。Jリーグ・ガンバ大阪所属。家族は妻と一女と一男。
>2002年に駒澤大学へ進学。1年次は、3期先輩の深井正樹と巻誠一郎がFWに定着していたため[6][4][7]出場機会が限られたが、2年次からは滞空時間の長いヘディングシュートを武器に[2]エースとして活躍[7]。2度の全日本大学選手権ベストFW賞など[2]数々の栄冠を手にした。
>2014年12月25日、ガンバ大阪への完全移籍が発表された[48][49]。
>年 クラブ 出場 (得点)
2005 – 2010 FC東京 101 (24)
2010 → ベガルタ仙台(Loan) 15 (4)
2011 – 2014 ベガルタ仙台 120 (40)
2015- ガンバ大阪
引用元: 赤嶺真吾 – Wikipedia.

安田 理大(やすだ みちひろ、1987年12月20日 – )は、大阪府吹田市出身のプロサッカー選手。ヴィッセル神戸所属。ポジションはディフェンダー(サイドバック)及びミッドフィールダー。同じくプロサッカー選手である安田晃大は実弟。元日本代表。
>2014年シーズン終了後、ヴィッセル神戸へ完全移籍。
>年 クラブ 出場 (得点)
2006-2010 日本の旗 ガンバ大阪 111 (1)
2011-2013 オランダの旗 フィテッセ 45 (0)
2013 日本の旗 ジュビロ磐田 7 (0)
2014 日本の旗 サガン鳥栖 33 (1)
2015- 日本の旗ヴィッセル神戸
引用元: 安田理大 – Wikipedia.