捕手とチーム 「吉田裕太」ロッテ 「大野奨太」日本ハム 「炭谷銀仁朗」西武

071PxCdWbVopr
次のプロ野球選手と
所属しているプロ野球チームの
正しい組み合わせを選びなさい
吉田裕太───ロッテ よしだゆうた
大野奨太───日本ハム おおのしょうた
炭谷銀仁朗───西武 すみたにぎんじろう

072ErmklHoMuS
次のプロ野球選手と
その選手がシーズンMVPを
獲得していた時に所属していた球団の
正しい組み合わせを選びなさい
タフィ・ローズ───近鉄
野口茂樹───中日
ペタジーニ───ヤクルト

吉田 裕太(よしだ ゆうた、1991年7月21日 – )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(捕手)。
>2014年度オープン戦では、13試合に出場。27打数8安打、打率.296、捕殺9、盗塁阻止率.500[9]という成績[10]を残し、同期入団の新人選手、石川歩、吉原正平、井上晴哉と共に開幕一軍スタートとなった[11]。
引用元: 吉田裕太 – Wikipedia.

大野 奨太(おおの しょうた、1987年1月13日 – )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(捕手)。
>プロ1年目の2009年、春季キャンプで一軍に抜擢され、そのまま開幕一軍入り。4月5日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で初出場。4月11日の福岡ソフトバンクホークス戦で初先発出場。藤井秀悟を好リードし、無失点で切り抜けた。以後も先発投手が藤井の時は大野が先発出場し、鶴岡慎也と相性が良いダルビッシュ有と八木智哉を除く先発投手の際も、大野が先発出場する試合があった。8月にインフルエンザによる発熱が原因で数試合を欠場するも、シーズンを通して一度も出場選手登録を抹消されなかった。日本シリーズ第5戦(11月5日、東京ドーム)では、史上初めて新人捕手として先発出場を果たした。
引用元: 大野奨太 – Wikipedia.

炭谷 銀仁朗(すみたに ぎんじろう、1987年7月19日 – )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手(捕手)。愛称は「銀ちゃん」。
なお「朗」の字は、ヘンが一画多い「良」になる「朗」という表記が正しい。
>2013年、2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され、3月12日の二次ラウンドオランダ戦ではスタメン出場した。レギュラーシーズンでも、自己最多出場を更新する141試合に出場し、初めて規定打席に到達した。11月には台湾での2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイの日本代表に選出された。
引用元: 炭谷銀仁朗 – Wikipedia.