ラグビーW杯と得点王 1987第1回「グラント・フォックス」1991第2回「ラルフ・キーズ」1995第3回「ティエリ・ラクロワ」1999第4回「ゴンサロ・ケサダ」

067ERrCCLWNSQ
次のラグビーW杯と、得点王の
正しい組み合わせを選びなさい
1999年第4回大会───ゴンサロ・ケサダ
1991年第2回大会───ラルフ・キーズ
1987年第1回大会───グラント・フォックス

ラグビーワールドカップとはラグビー(ユニオン)のナショナルチームの世界一を決定する世界選手権大会で1987年以降、4年に一度、開催されている。優勝トロフィーは「ウェブ・エリス・カップ」。国際ラグビー評議会(IRB)主催。現在、運営管理はラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)に委託されている。
>第1回 グラント・フォックス( ニュージーランド) 126点
第2回 ラルフ・キーズ( アイルランド) 68点
第3回 ティエリ・ラクロワ( フランス) 112点
第4回 ゴンサロ・ケサダ( アルゼンチン) 102点
第5回 ジョニー・ウィルキンソン( イングランド) 113点
第6回 パーシー・モンゴメリー( 南アフリカ共和国) 105点
第7回 モルネ・ステイン( 南アフリカ共和国) 62点
引用元: ラグビーワールドカップ – Wikipedia

Grant James Fox, MBE (born 6 June 1962), is a former rugby union player from New Zealand. He was a member of the All Blacks team that won the inaugural Rugby World Cup in 1987.
>The highlight of Fox’s career was winning the inaugural Rugby World Cup with New Zealand in 1987, a victory based in part on his accurate kicking.
引用元: Grant Fox – Wikipedia, the free encyclopedia

Ralph Keyes (born March 1, 1961 in Cork, Ireland) is a rugby player who won 8 caps playing at fly-half for the Irish rugby union side. He made his international test debut at the age of 24 on 1 March 1986 against England in the 1986 Five Nations Championship. It was his last match until selection for the 1991 Rugby World Cup during which he played 4 matches and scored 68 points, the highest of any player during that tournament.
引用元: Ralph Keyes – Wikipedia, the free encyclopedia

He was the top points scorer at the 1999 Rugby World Cup in Wales, scoring 102 points. The English media nicknamed him Speedy Gonzalo due to the extraordinary length of time he took preparing to take kicks at goal.
引用元: Gonzalo Quesada – Wikipedia, the free encyclopedia

次のラグビー選手をワールドカップで得点王を獲得したのが早い順に選びなさい
グラント・フォックス
ラルフ・キーズ
ティエリ・ラクロワ
コンサロ・ケサダ
ジョニー・ウィルキンソン
パーシー・モンゴメリー