ケン・「モッカ」 中日で活躍後オークランド・アスレチックス監督に

012rPAuSlRANb
アスレチックスの監督を務めた
こともある、1982年から4年間
中日で活躍した外国人選手は
ケン・◯◯◯? ◯を答えなさい
モッカ
「ケン・モッカ」

ケン・モッカ(Kenneth Edward “Ken” Macha , 1950年9月29日 – )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の元プロ野球選手、監督。
アメリカ野球殿堂入りを果たしているハル・ニューハウザーは「おじ」にあたる。
>1982年に中日ドラゴンズに入団し、来日。中日在籍4年間は3番・三塁手として活躍。三塁守備は失策の多さと守備範囲の狭さから不安定だったものの、打撃では3割を超える打率を3回残し、円熟期の田尾安志・平野謙・谷沢健一・大島康徳・宇野勝・中尾孝義らとともに、強竜打線と呼ばれる打線の一員として活躍する。
>アメリカへ帰国した後はマイナーリーグ監督・メジャーでのコーチを経て、2003年にオークランド・アスレチックスの監督に就任。3年契約終了後の2005年のオフシーズンには再契約が難航し一時は退団が発表されるが、その後契約合意がなされ、2006年からも指揮を執ることとなった。
引用元: ケン・モッカ – Wikipedia.