韓国W杯監督 1998フランス「車範根」チャ・ボムグン 2002日韓「フース・ヒディンク」 2010南アフリカ「許丁茂」ホ・ジョンム

114WWckaWsVGM
ブンデスリーガで通算98得点を
記録した元韓国代表のFWで
1998年のフランスW杯では
韓国代表の監督を務めたのは?
車鋳城
金範鎬
崔淳根
→車範根
チャ・ボムグン

068TvBXNRBAyu
次のサッカーW杯の大会と
その大会で韓国代表の
監督を務めた人物の
正しい組み合わせを選びなさい
2010南アフリカ大会───許丁茂 ホ・ジョンム
1998年フランス大会───車範根 チャ・ボムグン
2002年日韓大会───フース・ヒディンク

車 範根(チャ・ボムグン、チャ・ブングン、チャ・ボンクンとも。차범근、1953年5月22日 – )は、大韓民国・京畿道華城市出身の元サッカー選手、および指導者。息子の車ドゥリ(チャ・ドゥリ、차두리)もKリーグクラシックのFCソウルに所属するサッカー選手。
>1980年代を代表する名ストライカー。 ドイツの名門アイントラハト・フランクフルト、バイエル・レバークーゼンなどで長きに渡って活躍。UEFAカップ2度優勝(1988年決勝ではゴールを決めている)などの栄冠を手にした。。ドイツ・ブンデスリーガ通算98ゴールは外国人選手としては歴代3位。IFFHSから「20世紀アジア最優秀選手」として表彰されている。
>現役引退後は指導者の道に進む。1997年からは韓国代表を率い、フランスワールドカップ本大会出場権を得るものの、代表チームが2連敗して1次リーグ敗退が決定した直後の大会期間中に解任された。その直後、月刊朝鮮でKリーグにはびこる八百長を暴露した[3]ために、大韓サッカー協会から5年間の懲戒処分を受けて韓国国内に居場所がなくなり、中国リーグの深圳平安に監督として就任した。なお、この懲戒処分は2000年1月に解除されているが、結局国内リーグには当初の懲戒期間の5年間、雇われることはなかった。
引用元: 車範根 – Wikipedia.

許 丁茂(ホ・ジョンム、허정무、 1955年1月13日 – )は韓国のサッカー選手・指導者。元韓国代表監督。2013年3月より大韓サッカー協会副会長。
>延世大学校を卒業後の1979年、実業団の韓国電力に入団。徴兵期間終了後の1980年にオランダのPSVアイントホーフェンに移籍し、1983年まで4年間プレー。同時期に西ドイツでプレーしていた車範根とはよく比較されていた。その後家庭の事情で帰国することとなり、現代ホランイに移籍、1986年に引退。その前年の1985年、FIFAワールドカップアジア東地区最終予選の対日本戦で挙げた決勝ゴールは有名。翌年の本大会でもグループリーグ・対イタリア戦で得点を挙げている。
>引退後は1993年から2年間は浦項アトムス、1995年から3年間は全南ドラゴンズの監督を歴任した後1998年に車範根の後任として韓国代表監督に就任。自国と日本との共催となる2002 FIFAワールドカップに向けてチームの強化を求められたが、思ったような結果を残せず、2000年に辞任。その後は韓国協会所属テクニカルアドバイザーなどを務め、2005年から3年間再び全南監督を歴任した後、2007年に2度目の韓国代表監督となった。
引用元: 許丁茂 – Wikipedia.

フース・ヒディンク(Guus Hiddink、1946年11月8日 – )は、オランダ・ヘルダーラント州オウデ・アイセルストレーク出身のサッカー指導者、元サッカー選手。”ヒディング”と誤って書かれることが多い。
>スペインでの監督業を終えた後、2000年に2002 FIFAワールドカップでの躍進を狙っていた韓国代表に招かれ、2001年1月に監督に就任。本大会ではポルトガル、イタリア、スペインといった強豪国を相手に勝利し、4位を達成した。韓国では功績から準々決勝でスペインを破ったスタジアムである光州ワールドカップ競技場の名称を「フース・ヒディンク・スタジアム」と名称変更が検討されるほどであり、また名誉国民証を授与された[2]。
引用元: フース・ヒディンク – Wikipedia.