盛田正明もりたまさあき 日本テニス協会名誉会長 「盛田正明テニス・ファンド」錦織圭を育てる

029ONeHedJpAC
ソニーの創業者・盛田昭夫の
実の弟である、現在の日本
テニス協会名誉会長は盛田◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
まさあき
盛田正明

盛田株式会社(もりた)は、愛知県名古屋市所在の、酒類・醤油・調味料・味噌を製造する醸造会社。ジャパン・フード&リカー・アライアンス(JFLA)のグループ企業。
>ソニーの創業者・盛田昭夫の実家で、ソニー創業期に資金が苦しかった頃、増資引受という名目で資金提供を行ったことから、一時期はソニーの筆頭株主であった。
現在の同社は、旧・盛田株式会社(現・盛田アセットマネジメント)から製造販売部門を分社化して2004年(平成16年)9月1日に設立した会社である。
>盛田英夫(英粮)(もりたひでお、1952年2月17日 – ) 盛田昭夫の長男。第16代盛田家当主。芦屋大学卒業後、CBS・ソニー入社。エピック・ソニーを経て、レイケイ社長、盛田株式会社社主、ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社会長、財団法人鈴渓学術財団理事長、財団法人盛田国際教育振興財団専務理事、株式会社盛田トラスティー プレジデント。1978年に女優岡崎友紀と結婚するが1981年に離婚。
>盛田昌夫(もりたまさお、1954年9月4日 – ) 盛田昭夫の次男。ジョージタウン大学卒業後、モルガン銀行を経て、1981年ソニーに入社。ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)代表取締役社長、ソニー業務執行役員常務を歴任。2005年6月22日よりソニーのブランド・クリエイティブセンター担当SVP(シニア・バイス・プレジデント)、2009年6月24日よりソニー・ミュージックエンタテインメント代表取締役会長、同年6月30日よりソニー・ピクチャーズ エンタテインメント代表取締役。
>盛田和昭(もりたかずあき、1923年3月5日 – ) 盛田家14代目盛田久左衛門の次男、盛田昭夫の実弟。ソニーを興した兄に代わり盛田株式会社を継ぐ。株式会社イズミック会長、盛田エンタプライズ株式会社会長、盛田株式会社顧問、盛田金しゃちビール株式会社取締役会長、敷島製パン株式会社相談役、盛田アセットマネジメント名誉会長、ソニー特別顧問。
>盛田正明(もりたまさあき、1927年5月29日 – ) 盛田昭夫の実弟。東京工業大学電気化学科卒業後、東京通信工業株式会社(現ソニー)に入社。ソニー副社長、ソニー・アメリカ会長兼CEO、ソニー生命保険取締役会長等を歴任。財団法人日本テニス協会会長。
引用元: 盛田 – Wikipedia.

盛田正明氏。その名から察しがつくように、ソニーを井深大氏とともに創業した盛田昭夫氏の親族、それも実弟である。1951年に東京工業大学を卒業してソニー(当時は東京通信工業)に入社。同社の常務、専務、副社長を歴任し、1992年から94年にかけてソニー生命保険の会長も務めた。

 正明氏はソニーグループから引退した後、2000年に日本テニス協会の会長に就任(現在は名誉会長)。日本テニスの発展に力を尽くしてきた。その一環として、私財を投じて2003年に設立したのが、「盛田正明テニス・ファンド」である。

 世界に通用する選手を育成することを目的とした基金で、有望なジュニア選手を選考して、米ニック・ボロテリー・テニス・アカデミー(フロリダ州)に留学させる。4大大会のすべてで優勝した経験を持つアンドレ・アガシ氏ら数多くのトッププロを輩出してきた名門だ。錦織選手もこの基金の支援を得て13歳で渡米し、同アカデミーの門をたたく。そして世界のトップへの第一歩を踏み出した。
引用元: ソニーがこの10年に出した最大のヒットは錦織圭?!:日経ビジネスオンライン.

錦織圭(日清食品)を育てた盛田正明テニス・ファンド(盛田ファンド)が、米国にテニス留学させるジュニア選手を公募していることをご存じだろうか。これまでは有望ジュニアに個別に声をかけて選考していたが、2013年から公募制となったのだ。

 「元々、若い選手のレベルアップを図るのではなく、世界のトップレベルの選手を作るチャレンジをしてみようと思ったのが一番の発想」と、ソニー・グループで要職を務めた日本テニス協会名誉会長の盛田正明氏が、私財を投じて設立した盛田ファンドの狙いを語る。

 錦織の登場以前、盛田ファンドはほとんど話題に上らなかった。盛田氏が「黒子に徹していこうと考えて」、極力、表舞台に出ることを避けてきたからだ。「米国に送り出す選手には、盛田財団の選手と言わなくていい、あなたが前に所属していたクラブ、スクールの名前で世界中の大会に出なさいと言ってきた。それが、錦織が出てきて、うちの財団が有名になってしまった」。
引用元: 錦織もここで育った…盛田ファンドの狙い : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE).