ウォーレン・スパーン 左腕での大リーグ最多363勝 

108dJJlobQuWM
左腕としては大リーグ歴代最多の
通算363勝を挙げている
ブレーブスで活躍した投手は
ウォーレン・◯◯◯◯?
ドパンカス
ッラーダブ
スパーン(答)
「ウォーレン・スパーン」

ウォーレン・エドワード・スパーン(Warren Edward Spahn , 1921年4月23日 – 2003年11月24日)は元メジャーリーグ投手。
>野球界復帰後は、その現役時代のほとんどでブレーブスに所属し、チームのボストンからミルウォーキーへの移転も経験する。ワールドシリーズには1948年、1957年、1958年に出場、1946年から1948年にかけては、もう一人の20勝投手ジョニー・セインと共に二本の大黒柱として活躍する。
>現役21年間のうち年間20勝以上を13回達成し、そのうち42歳のときに23勝を記録するなど、息の長い活躍を続けた。通算勝利数363は左腕投手としては歴代1位であり、全体でみてもサイ・ヤング(511)、ウォルター・ジョンソン(417)、ピート・アレクサンダー(373)、クリスティ・マシューソン(373)、パッド・ガルヴィン(364)に次ぐ歴代6位の実績を誇る。
>また、ブレーブスを退団した1965年には、スパーンの背番号『21』はブレーブス初の永久欠番となっている。
引用元: ウォーレン・スパーン – Wikipedia

ウォーレン・スパーン賞(Warren Spahn Award)は、アメリカメジャーリーグの賞。シーズンで最も活躍した左腕投手に贈られる。
ブレーブスなどで活躍し、通算363勝を記録した左腕ウォーレン・スパーンにちなむもので、1999年にオクラホマシティのオクラホマ・スポーツ博物館によって創成された。
引用元: ウォーレン・スパーン賞 – Wikipedia

メジャーリーグ最高の投手は誰ですか? 歴代トップ10ぐらいが知りたいです。 マ… – Yahoo!知恵袋