「スーパーG」『スーパー大回転』Super Giant Slalom skiing 「トニー・ザイラー」1956コルティナ・ダンペッツォで3冠 チロル州キッツビューエル出身

325lTfjqozeXG
アルペンスキーの種目『スーパー
大回転」を、あるアルファベット
を用いて『スーパー◯」という?
◯を答えなさい
G
「スーパーG」
Super Giant Slalom skiing

CIMG2817WWvwADQankxj
トニー・ザイラーが
史上初のアルペンスキー3冠を
達成したのは
どこで開催された五輪?
オスロ
スコーバレー
コルチナ・ダンペッツォ(答) イタリア
サン・モリッツ

並べ替え
トニー・ザイラーの出身地であり「アルペンスキーの聖地」とも呼ばれるオーストリアの町は○○○○○○○○?
→キッツビューエル

文字パネル
コルチナ・ダンペッツォ五輪のスキー三冠王トニー・ザイラーが主演した1959年公開の映画は?
→黒い稲妻

エフェクト
冬季五輪における、日本人初のメダルを獲得したスキー選手です
猪谷千春
→いがやちはる

スーパー大回転(スーパーだいかいてん)は、アルペンスキーの競技種目の1つで、滑降とともに高速系種目に分類され、滑降と大回転の中間に当たる。スーパーG、SGとも表記、呼称される。英語表記は「Super Giant Slalom skiing」である。アルペンスキーの競技種目の中では最も歴史が浅く、冬季オリンピックの正式種目に採用されたのは、1988年のカルガリーオリンピックからである。
日本人選手の過去最高記録はすべて千葉信哉が保持している。冬季オリンピックではカルガリーオリンピック14位、アルペンスキー世界選手権クランモンタナ22位、アルペンスキーワールドカップ・ガルミッシュ大会17位である。なお当時は15位までが入賞対象だった(現在は30位まで)ので日本人選手のアルペンスキーワールドカップ入賞は未だない。これはアルペン5種目(複合~スーパー大回転と回転競技の合計タイムを競う~を含む)の中で唯一となっている。
引用元: スーパー大回転 – Wikipedia.

回転、大回転、スーパー大回転、そして滑降でもポール(棒)やポールに旗を付けた物を対で立てて通るべきコースを示します。この対になったポールのことを旗門と言いジグザグに立っています。そして両スキーがこの旗門を通過しないといけません。この旗門と次の旗門の間の距離が回転、大回転、スーパー大回転、滑降(ダウンヒル)の順番に長くなっています。旗門間の距離が短い(狭い)とターン(曲がる)の頻度が多くなるので滑るスピードは遅くなり、距離が長くなるとスピードがまします。従い、回転、大回転、スーパー大回転、滑降の順に滑る平均速度が大きくなります。また、回転はクネクネと曲がらなければならないのでターンする技術が要求されるので技術系と呼び、スーパー大回転や滑降はスピードに耐える力が要求されるのでスピード系と呼ばれます。大回転はその中間です。
引用元: アルペンスキーで、回転・大回転・スーパー大回転の違いは何ですか? – Yahoo!知恵袋.

スキーのアルペン競技である、「回転」「大回転」「スーパー大回転」「滑降」という4種目の、違いがよく分からなかった。

気になったので、長野県スキー連盟のサイトに掲載されている「アルペンスキー国際競技規則」を読んでみたところ、旗門(コースを規定するフラッグ、外側を通る必要がある)の数やコースの標高でそれぞれ違いがあることが判明した。基本的に、回転、大回転、スーパー大回転、滑降の順に、旗門が少なく、標高が高くなり、ターン技術よりもスピードが要求されるようである。
引用元: アルペン競技、4種目の違いがわからなかった件 – Excite Bit コネタ(1/2).

アントン(トニー)・ザイラー(Anton(“Toni”) Sailer, 1935年11月17日 – 2009年8月24日)は、オーストリア・チロル州キッツビュール出身のスキー選手・俳優。姉のロージ・ザイラー(w:de:Rosi Sailer)は1952年オスロオリンピックの回転に出場(17位)した。
>満を持して臨んだ1956年のコルティナダンペッツォ冬季オリンピックにてアルペンスキー回転・大回転・滑降の金メダルを獲得し三冠を達成した(なお、この大会が兼ねていた世界選手権も2大会連続三冠王の快挙である)。このときの回転で、日本の現IOC副会長である猪谷千春が2位(銀メダル。日本人初の冬季オリンピックメダリスト)に入賞しており、日本でも名が知られるようになる。なお、この大会では、開会式においてオーストリア選手団の旗手を務めた。
引用元: トニー・ザイラー – Wikipedia.